美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » シャンプーの正しい基礎知識 » 天然成分、植物由来100%のシャンプーの危険性!本当に髪にいいの?

天然成分、植物由来100%のシャンプーの危険性!本当に髪にいいの?

373d4cdc10d7f704adffc1a1b3b4d030

シャンプーに限らず、いろいろな化粧品でも『天然成分配合』とか『天然の~』なんて言葉を耳にすると、なんか肌や髪の毛に良さそう!

と誰でも思ってしまいますよね。

実際、天然成分配合を売りにしている化粧品の方が売れ行きは好調のようですが、果たして天然成分の効果を知っている人はどれくらいいるのでしょう?

また、世間のイメージが良い天然成分に比べ、嫌われがちの合成成分はホントに良くないものなのか?

このあたりの天然成分と合成成分の本当の話をしていきたいと思います。

天然由来成分とは?

皆さんは天然由来成分とはどんなものだと思いますか?

おそらくは美容に良いと言われるオリーブ油や植物エキスなどの植物由来成分のようなものだとお考えではないでしょうか。

天然由来成分と聞くと誰でもこのような良いイメージになると思います。

では、石油はどんなイメージでしょうか?

世間では石油系合成界面活性剤不使用!!

(最近では石油から作られる界面活性剤はほとんど存在しません!もし石油から作られる活性剤があっても問題はないです)

なんてわざわざラベルに書いてある製品も山ほどありますよね。それくらい石油から作られた成分は嫌われています。

ですが、よく考えてみてください。

石油も立派な天然成分です。

イメージの悪い石油も、イメージの良い天然成分の一つなのです。

これだけの話でも天然由来成分に対する考え方が変わると思います。

世の中天然成分で溢れていますので、天然成分を配合せずに化粧品を作る方が難しいぐらいです。

ただ、勘違いしてほしくないのは天然成分を悪く言っているわけではありません。天然成分にももちろん良いものもたくさんあります。

しかし、皆さんがシャンプーなどの化粧品を購入するときに、いかにただのイメージで製品を選んでしまっているかを知ってほしいのです。

シャンプーを買う時に、天然成分配合だから購入しよう!

などと製品を選ぶ時の材料にだけはして欲しくないのです!

良いシャンプー選びは活性剤がすべてです!

ほんの微量しか入っていない天然成分や植物エキスで使うシャンプーを決めるのは間違っています。

なので、そのような謳い文句に騙されずに、ある程度知識を身につけて理想のシャンプーを選べるようになっていただきたいと思います。

合成成分は良くないの?

では次に合成成分は良くないのか?

という話をしていきたいと思いますが、その前に宣伝の仕方でどれだけイメージが変わるのか・・という話をしたいと思います。

ここではシャンプーの主成分である界面活性剤で話を進めたいと思いますが、合成界面活性剤で最も刺激が強く絶対に避けなければならない低品質の合成界面活性剤に『ラウリル硫酸ナトリウム』というものがあります。

この原料は石油からでもココヤシなどの植物からでもとれる合成化合物なのですが、この危険なラウリル硫酸ナトリウムを、仮に石油ではなく植物からとって合成した場合、それを使用したシャンプーをどのように宣伝すると思いますか?

おそらくメーカーは『このシャンプーは石油系界面活性剤不使用で、植物から抽出した天然由来の界面活性剤を使用しています!』と宣伝すると思います。

なんかとても良さそうな成分が配合されてそうですよね!

でも実際は最も刺激が強いラウリル硫酸ナトリウムです。

しかし、この宣伝は嘘を言っているわけではありません!

現に石油から抽出していないので、石油系界面活性剤(石油系界面活性剤という分類は正規のものではない)不使用というところもその通りですし、植物は天然のもので、そこから抽出していることから、天然由来成分を使用しているというのも間違ってはいません。

しかし、これを見てまさか消費者は最も刺激性が強いラウリル硫酸ナトリウムが使われているとは思いもよらないと思います。

言い方一つでここまで変わるのです。

それくらいメーカーの宣伝能力は進化しています!

ここまでくるともう気づいたかもしれませんが、何から抽出した成分であるかは関係ないのです!

石油からとってこようが植物からとってこようが、一緒です!

問題なのはそこからどんな化合物を作るかです。

石油から抽出したラウリル硫酸ナトリウムも植物から抽出したラウリル硫酸ナトリウムも当たり前ですが、同じラウリル硫酸ナトリウムなのです。

メーカーとは非常にうまく宣伝します。

もちろん嘘はつきませんが、先ほどのように本当に世間のイメージをうまく利用してうまく宣伝します。

なので、メーカーの宣伝文句に期待を寄せずに、買おうと思っているシャンプーの裏のラベルを見て良いシャンプーか自分で見極める力が必要になってきます。

話を戻して、合成成分が良くないのか?

ということですが、合成だから悪くて天然だから良いという問題ではありません。

もちろん先程から度々登場するラウリル硫酸ナトリウムのような刺激の強い低品質の合成成分もありますが、今ではアミノ酸系界面活性剤などの低刺激で非常に頭皮や髪の毛に優しい合成成分もたくさんあります!

合成成分を新たに開発した時には、人体に影響かないかを調べるために何回も何回も実験や研究を繰り返して検証します。

そうゆう意味でも最近の合成成分をそれほど嫌う必要はありません。

なので、天然だから良い!合成だから悪い!という天然や合成のイメージだけで判断せずに、製品を選ぶことを心がけてください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー