美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » シャンプーの正しい基礎知識 » 本当に髪に良いシャンプーは天然植物由来成分とは関係なく洗浄成分がすべて!

【当サイトランキングNo.1アミノ酸シャンプー】

本当に髪に良いシャンプーは天然植物由来成分とは関係なく洗浄成分がすべて!

373d4cdc10d7f704adffc1a1b3b4d030

シャンプーに限らず、いろいろな化粧品でも『天然成分配合』とか『天然の~』なんて言葉を耳にすると、なんか肌や髪の毛に良さそう!

と誰でも思ってしまいますよね。

実際、天然成分配合を売りにしている化粧品の方が売れ行きは好調のようですが、果たして天然成分の効果を知っている人はどれくらいいるのでしょう?

また、世間のイメージが良い天然成分に比べ、天然とは反対の嫌われがちな合成成分はホントに良くないものなのでしょうか?

天然成分と合成成分の本当の話や、本当に髪に良いシャンプーとはどのようなシャンプーなのかをしっかり説明していきたいと思います。

天然由来成分とは?

皆さんは天然由来成分とはどんなものだと思いますか?

おそらくは美容に良いと言われるオリーブ油や植物エキスなどの植物由来成分のようなものだとお考えではないでしょうか。

天然由来成分と聞くと誰でもこのような良いイメージになると思いますし、実際に天然由来成分100%!などといったうたい文句で商品をアピールしているメーカーもたくさんあります。

では、石油はどんなイメージでしょうか?

世間では石油系合成界面活性剤不使用!!

(最近では石油から作られる界面活性剤はほとんど存在しません!もし石油から作られる活性剤があっても問題はないです)

なんてうたい文句で商品を発売しているメーカーもこれまた山ほどあります。

天然由来成分とは反対に石油から作られた成分は恐ろしいほど嫌われています。

ですが、よく考えてみてください!

石油こそ立派な天然成分です!

石油が人工で作れるのなら誰も苦労はしませんよね。

化粧品においては、いろんなところで悪者扱いされているイメージの悪い石油も、イメージの良い天然成分の一つなのです。

これだけの話でもいかにイメージで商品を選びをしてしまっているかがわかると思います。

世の中天然成分で溢れていますので、天然成分を配合せずに化粧品を作る方が難しいぐらいです。

ただ、勘違いしてほしくないのは天然成分が悪いと言っているわけではありません!

天然成分だから良いというわけではないということです。

皆さんがシャンプーなどの化粧品を購入するときに、いかにただのイメージで製品を選んでしまっているかを知ってほしいのです。

シャンプーを買う時に、天然成分配合だから購入しよう!

などと製品を選ぶ時の材料にだけはして欲しくないのです。

合成成分は良くないの?

では次に合成成分は良くないのか?

という話をしていきたいと思いますが、その前に宣伝の仕方でどれだけイメージが変わるのか・・という話をしたいと思います。

ここではシャンプーの主成分である界面活性剤(洗浄成分)で話を進めたいと思いますが、合成界面活性剤で最も刺激が強く絶対に避けなければならない低品質の合成界面活性剤に『ラウリル硫酸ナトリウム』というものがあります。

この原料は石油からでもココヤシなどの植物からでもとれる合成化合物なのですが、この危険なラウリル硫酸ナトリウムを、仮に石油ではなく植物からとって合成した場合、それを使用したシャンプーをどのように宣伝すると思いますか?

おそらくメーカーは『このシャンプーは石油系界面活性剤不使用で、植物から抽出した天然由来の界面活性剤を使用しています!』と宣伝すると思います。

なんかとても良さそうな成分が配合されてそうですよね!

でも実際は最も刺激が強いラウリル硫酸ナトリウムです。

しかし、この宣伝は嘘を言っているわけではありません!

現に石油から抽出していないので、石油系界面活性剤(石油系界面活性剤という分類は正規のものではない)不使用というところもその通りですし、植物は天然のもので、そこから抽出していることから、天然由来成分を使用しているというのも間違ってはいません。

しかし、これを見てまさか消費者は最も刺激性が強いラウリル硫酸ナトリウムが使われているとは思いもよらないと思います。

言い方一つでここまで変わるのです。

それくらいメーカーの宣伝能力は進化しています!

ここまでくるともう気づいたかもしれませんが、何から抽出した成分であるかは関係ないのです!

石油からとってこようが植物からとってこようが、一緒です!

問題なのはそこからどんな化合物を作るかです。

石油から抽出したラウリル硫酸ナトリウムも植物から抽出したラウリル硫酸ナトリウムも当たり前ですが、同じラウリル硫酸ナトリウムなのです。

メーカーは非常にうまく宣伝します。

もちろん嘘はつきませんが、先ほどのように本当に世間のイメージをうまく利用してうまく宣伝します。

話を戻して、合成成分が良くないのか?

ということですが、合成だから悪くて天然だから良いという問題ではありません。

もちろん先程から度々登場するラウリル硫酸ナトリウムのような刺激の強い低品質の合成成分もありますが、今ではアミノ酸系界面活性剤などの低刺激で非常に頭皮や髪の毛に優しい合成成分もたくさんあります!

合成成分を新たに開発した時には、人体に影響かないかを調べるために何回も何回も実験や研究を繰り返して検証します。

そうゆう意味でも最近の合成成分をそれほど嫌う必要はありませんし、天然より人工で作られたものの方が、刺激や危険が少ない場合もたくさんありますので、天然や人工、合成でシャンプーの良し悪しも判断するのはやめてください。

なので、天然だから良い!合成だから悪い!という天然や合成のイメージだけで判断せずに、製品を選ぶことを心がけてください。

本当に良いシャンプーの選び方

では、どのようにシャンプーを選べばいいのか説明します。

ほとんどのシャンプーは化粧品に位置づけられますが、化粧品のルールとして、『配合されている全成分を配合量の多い順に記載する(ただし1%以下の配合量のものは順不同でも良い)』というものがあります。

つまり、シャンプーの中身をすべて教えてくれているのです!

中にはシャンプーの解析なんか役に立たないという方もいますが、とんでもないです!

確かに、配合順に並べられているだけで、実際の配合量まではわかりませんが、どんな原料がどんな順番で配合されているかを知るだけで、ある程度の刺激性や効果はわかります。

せっかくこんなに消費者に優位なルールがあるなら、それを利用しない手はありません。

しかし、全成分表を見ると、わけのわからないカタカナがたくさん書かれており、よくわからないと思います。

ですが、すべてを解析する必要はないのです。

シャンプーは、洗浄するものです。

シャンプーの90%は水と洗浄成分でできています!

なので、洗浄成分に何を使用しているかさえわかればそれでよいのです。

水の次に書かれた成分の3~4つぐらいの洗浄成分さえわかればそれでよいのです。

本当に良いシャンプーとは、『低刺激かつ、頭皮の汚れをしっかり落としてくれる洗浄成分をベースに配合しているシャンプー』ということです。

市販のドラッグストアで売られているシャンプーは洗浄力が高すぎて刺激が強いです。

その反対にベビーソープは刺激はほとんどないですが、その分大人の頭皮を十分に洗えるだけの洗浄力もありません。

刺激がほとんどなく、大人の頭皮を十分に洗える洗浄成分である『アミノ酸洗浄成分』がベースで配合されているシャンプーこそ、本当に良いシャンプーということになります。

世の中には、薄毛用シャンプーだの、かゆみ止めシャンプーだの、抜け毛予防シャンプーだの、フケ用シャンプーだのいろんなシャンプーが悩み別に発売されていますが、それは必要ありません!

低刺激で十分な洗浄成分が配合されたシャンプーを使用すれば基本的にはどの頭皮トラブルにも対応できます。

当サイトではアミノ酸洗浄成分を補助ではなくしっかりベースで配合しているシャンプーを紹介していますので、興味がある方は一度当サイト高評価シャンプーをご覧ください。

何か質問等ありましたら、お気軽にお問合せフォームよりお願いいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厚生労働省が認めた育毛剤『チャップアップ』
人気記事
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

肩書:美容院専売品メーカーで研究開発。ヘアケアを担当&二児のママ

出身地:愛知

年齢:31歳

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいシャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
最近の投稿
カテゴリー