美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト中評価シャンプー » アロマのやさしさの成分解析!口コミは良いが本当に良いアミノ酸シャンプーなの?

アロマのやさしさの成分解析!口コミは良いが本当に良いアミノ酸シャンプーなの?

bandicam-2015-07-22-17-12-59-493

このサイトでは何度も言っていますが、世の中にはアミノ酸シャンプーと言っておきながら実際中身の成分を見てみると、ほんの少しだけアミノ酸洗浄成分を配合しただけの不完全なアミノ酸シャンプーがたくさんあります。

美容院で買う場合にはしっかり説明を受けることができるので問題ありませんが、通販で買う場合は公式販売サイトや口コミだけで選ばなければならないので注意が必要です。

そんな通販を中心に展開している『アロマのやさしさシャンプー』をしっかり解析して評価していきたいと思います。

アロマのやさしさシャンプーの全成分

20151028_1393166

水(精製水)、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロアンホ酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドメチルMEA、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミノプロピオン酸Na、ココイルアラニンTEA、ラウラミンオキシド、ホホバ油、コムギ胚芽油、オレンジ油、ローズマリー油、ティーツリー油、ラベンダー油ラベンダー、ベルガモット果実油、オニサルビア油(クラリーセージ油)、グリセリン油、カミツレエキス(カモミールエキス)、セイヨウハッカエキス、メリッサエキスメリッサ(レモンバーム)、セージエキス、レモングラスエキス、ユズ果実エキス、乳酸オレイル、クエン酸、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、BG、塩化Na、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

アロマのやさしさシャンプーのデータ


洗浄力:
代表的なアミノ酸洗浄成分を主成分としているので低刺激ですが、人によっては少し物足りない洗浄力かもしれません。

低刺激性:
ラベンダー油などの精油の種類が少し多いのが気になるのでマイナス1です。

しっとり感:
ノンシリコンシャンプーながら、きしみはなく使用感はしっとりしています。
カラーやパーマをしているダメージ毛の方多少のきしみがあるかもしれません。

ダメージ補修:
ダメージ補修成分は無配合なので、ダメージに悩む方には向いていないが、シャンプーの本来の目的である『洗浄』に関して言えば中々優れた製品です。

コスパ:
容量:500ml
価格:3024円(税込)
この品質でこのお値段はとても良心的だと思います。
容器などにかけるコストを減らして、中身で勝負している印象です。

総合評価:
配合されているすべての成分が完全に敏感肌向けとは言い難いですが、最も大切な洗浄成分に関しては高い品質をもつシャンプーと言えます。

主成分である洗浄成分はアミノ酸系を使用

・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウロアンホ酢酸Na
・ラウラミドプロピルベタイン
・コカミドメチルMEA
・ラウリン酸ポリグリセリル-10
・ラウラミノプロピオン酸Na
・ココイルアラニンTEA
・ラウラミンオキシド

8種類もの洗浄成分をブレンドしています。

その中でココイルグルタミン酸TEAココイルアラニンTEAラウラミンオキシドの3種類がアミノ酸系界面活性剤となります。

8種類の中で、最も配合量が多いメイン洗浄成分であるココイルグルタミン酸TEAは、アミノ酸界面活性剤の中でも低刺激という意味においては特に優秀ですが、その分洗浄力が少し不安な成分です。

ラウロアンホ酢酸Naやラウラミドプロピルベタインは、ベビーソープの主成分となることが多いほど低刺激の両性界面活性剤で、これはメインの洗浄成分をさらに低刺激でマイルド(優しいもの)にしてくれる役割を持っています。

そのため、ここまでの処方だと洗浄力が弱く泡立ちも期待できない製品となってしまいますが、その他の洗浄成分をうまくブレンドして、発泡力と洗浄力を補っています。

このシャンプーの特徴は、敏感肌の方でも安心して使用できるほどの低刺激性をもちますが、やはり洗浄力不足が否めないので万人に対応できるシャンプーとは言い難いです。

頭皮の皮脂の分泌が多い方には不向きであるといえます。

ノンシリコンでもしっとり!きしみも抑える配合

aroma
このシャンプーは実にシンプルな配合で、保湿成分は植物エキス系以外ほとんど配合されておりません。

おそらく開発者がシャンプーに必要以上の保湿剤を配合してもあまり効果がないと判断したのだと思います。

一般的に化粧水などの洗い流さない化粧品と違い、シャンプーなどのすぐに洗い流す製品は保湿剤を配合してもほとんどが水で流れてしまいます。

ですが、保湿成分を入れることでそれが宣伝効果にもつながりますし、日本人にとって『保湿』というのは非常に好まれます。

しかし、保湿剤というのは少なからず刺激を感じる場合もありますので、このシャンプーの開発者は、多少の保湿効果より敏感肌の方が安心して使用できるように僅かな刺激をも減らそうと考えたのだと思います。

ここまでの配合を見ると、本当に良く消費者のことを考えて作られているシャンプーであると感じます。

そして、ノンシリコンなのにシャンプー後にしっとり感が出る理由は、低刺激のアミノ酸系界面活性剤と、きしみ緩和の成分である

・乳酸オレイル
・ポリクオタニウム-10

が配合されているからです。

乳酸オレイルも、ポリクオタニウム-10も髪の毛のきしみを緩和してくれる働きをもつ良い成分ですが、ポリクオタニウム-10に関しては配合量が多すぎると髪の毛の洗い上がりがごわつくので、たくさん配合してあれば良いという問題ではありません。

そのため、全成分表を見て、どの位置に書かれているか必ず確認すべき成分の一つです。

(化粧品であるシャンプーは配合量が多い順に成分が書かれている)

成分表を見ればだいたいわかりますが、このシャンプーではおそらく少量しか配合されていませんので、特に問題ありません。

ダメージ補修成分は無配合

このシャンプーにはダメージ補修成分がほとんど配合されていません。

これが何を意味するのかと言うと、完全に敏感肌である方向けのシャンプーであるということです。

もともと頭皮トラブルが起こりやすい敏感肌の方は、カラーリングやパーマをしないので、無駄に価格が上がらないようにダメージ補修成分の配合を止めたのだと思います。

しかし、そこまでこだわるのであれば精油の種類を減らしてほしいというのが本音です。

精油が少し多いのでは・・?

mainimg

このシャンプーには植物エキスと精油が結構たくさん配合されています。

これらはなんとなく髪の毛に良さそうというイメージがありますが、ラベンダー油などの精油は人によっては刺激になる場合があるので、敏感肌向けのシャンプーに何種類もの精油を入れるべきではないと思います。

アレルギー反応が出たら直ちに使用をやめるべきです。

シャンプーの選び方のコツとして、植物エキスや精油をなんとなく髪に良さそうという理由で、なんでもかんでも配合されているシャンプーを選ぶのはやめた方がよいと思います。

口コミ評価

このシャンプーを購入するほとんどの方が、頭皮になんらかの悩みを持たれた方です。

なので、他のシャンプーでは合わなかった人たちの口コミなのである意味厳しい評価が予想されるシャンプーです。

口コミ評価を見てみると『泡立ちが良い』『きしまない』など高評価のものが多数ありますが、それと同時に頭皮が荒れたという口コミもたくさんあるのです。

生まれつき肌が弱く、季節の変わり目に体質が変わることがあるので、頭皮や髪、肌にやさしいシャンプーを探していました。
こちらは口コミ評価が良かったので、東急ハンズで見つけてお試しサイズを購入しました。

泡立ちは思ったよりいいし、きしまないし、コンディショナーなしでも大丈夫だし、使用感はとても良かったのですが...お腹全体に蕁麻疹がでたので、すぐに使用をやめました。

私には合わなかったので残念です。

成分を見たらけっこういろいろ入っててびっくりしました。
悪いものは入ってなさそうですが...パックスナチュロンやオリーシャンプーのようにもっと成分がシンプルな方が肌にはやさしいような(^^;;

こちらのシャンプー、本当に「やさしい」のでしょうか...蕁麻疹がでた者として疑問が残ります。

値段もシャンプーだけなのになぜあんなに高いんだろう?
パッケージ、ボトルもシンプルなのに。

このような口コミがこのシャンプーは非常に多いです。

私が思うにこれが『精油』の副作用だと思います。

このシャンプーはせっかく洗浄成分は高品質なのに、精油の量が多すぎるのです。

精油は高価な原料なので、当然価格も上がってしまいますし、副作用もあるしで良いことないです。

特に敏感肌で悩まれている方はここまでたくさん精油が入っているものは使用しないほうが良いと思います。

同じ通販シャンプーの中に、このシャンプーよりも頭皮に優しいハーブガーデンシャンプーがあります。

アロマのやさしさと比較すると低刺激性をさらに下げながら少しだけ洗浄力を高くしたシャンプーとなっているので、頭皮の脂が多い方でも対応できるなど、より万人向けのシャンプーになっています。

また、ダメージ補修成分の配合量が多いのでカラーリングやパーマなどして傷んでいる方にもおすすめできる内容となっていますし、返金保証システムもありますので、アロマのやさしさを検討されている方はハーブガーデンシャンプーも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

aromashampoo3

このシャンプーは洗浄力が弱い分、低刺激です。

ただ、精油の量と種類が多いのが少しマイナスポイントでせっかく洗浄成分を低刺激にしていても精油の方で頭皮トラブルがでる可能性もあります。

今まで市販のシャンプーなどで頭皮トラブルに悩まされてきた敏感頭皮の方が使用すれば、ある程度の改善は見込めると思いますが、そのあたりは人によるところが大きいと思います。

また、このシャンプーの液性はクエン酸配合により頭皮と同じ弱酸性にはなっていますが、ダメージ補修成分は配合されていません。

そのためカラーリングやパーマを繰り返したハイダメージの方には向いていませんので注意してください。

もし、何かの頭皮トラブルに合われていてシャンプーを変えたいと思っている方に注意点ですが、このシャンプーのように低刺激シャンプーに変えると一時的に『ベタつき』や『かゆみ』が出る場合があります。

しかし、それは自分に合っていないわけではなく変え始めは仕方のないことです。

なぜかというと、今まで頭皮の脂を取る力が強すぎるシャンプーを使用していた場合、頭皮はそれに合わせて脂を出しますので、急に洗浄力が弱めのシャンプーに変わってもしばらく頭皮は同じ量の脂を出し続けます。

そのため最初はそのような症状が出ますが、10日~2週間ぐらいすれば頭皮もシャンプーに合わせて脂を出します。

そのため、シャンプーを変えて不快なことがあったとしても2週間ぐらい続けてみないと自分に合っているかわかりません。

しかし、2週間たってもまだ頭皮トラブルが収まらない場合は、そのシャンプーがあなたに合っていない可能性が高いのでシャンプーの変更をおすすめします。

通販シャンプーはそのような理由もあって、返金保証システムも設けてますのでそちらを利用してください。

シャンプーや頭皮トラブルのことで何か質問がありましたら、記事下のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡してください。

▼公式販売サイトはこちら▼


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー