美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 当サイトの目的 » シャンプー解析サイトの信憑性について

シャンプー解析サイトの信憑性について

20160123_1
インターネットで『シャンプー解析』と検索すれば、かなりの数の解析サイトが出てきます。

え・・?

そんなにシャンプーの解析を出来る人ってたくさんいるの?

と思うと思いますが、今の世の中インターネットで様々な情報を瞬時に得ることができる時代なので、知識が全くなくてもなんとなく解析サイトみたいな雰囲気のサイトを作ることができてしまうのです。

(しかし、実際に正しいシャンプーの解析をできるのはシャンプー開発者か化学の能力に長けている化学者です。)

読者は、良いシャンプーを知りたくて解析サイトを探すと思いますが、まず良いシャンプーに出会う前に、良い解析サイトにたどり着く必要があるのです。

今回は、そんなシャンプー解析サイトの話をしていきたいと思います。

はじめに・・・

当サイトはシャンプーの解析サイトではありません。

確かにたくさんのシャンプーを解析していますが、私がこのサイトを立ち上げた理由は、開発者として読者に自分で良いシャンプーを選ぶ力を身につけてもらい、低品質のシャンプーに騙されないでほしいからです。

このサイトの読者になってくれた方も当然最初は知識のないところからのスタートだと思いますが、ゆくゆくは成分を見てシャンプーを選べるようになっていただきたいと思っています。

例えば、私がおすすめしたシャンプーが自分の髪質に合わなかったら、『このシャンプー合わないな』と思うのではなく、『このシャンプーの中のどの成分が自分には合わなかったのか?』ということを考えて欲しいのです。

常に成分を意識し、知識を得ることによって『自分に合う成分』『合わない成分』がわかるようになってくるので、シャンプーを買う時に大きな失敗はなくなります。

このサイトでは、読者がそうなるための手助けをしていきたいと思っています。

化粧品の成分表示のルール

化粧品には成分表示のルールがあります。

・使用している全成分をラベルに表示すること。

・その全成分を配合量の多い順に表示すること。

この二つのルールがあります。

これってすごいことではないですか?

中身をすべて教えてくれているのです。

そんな消費者のことを考えた法律があるにもかかわらず、ほとんどの方がその成分を見ずに製品を買っていると思います。

おそらくCMや企業イメージ、それからパッケージデザインなどで製品を選んでいるのではないでしょうか?

これは非常にもったいないことだと思います!

なので、このルールを最大限に活かして商品選びをして欲しいです。

ただ、このルールこそが冒頭に書いた素人でもシャンプーの解析ができてしまう理由です。

シャンプーなどの化粧品は全成分が表示されているということで、これを利用して素人でもなんとなくシャンプーの解析ができてしまうのです。

そのほとんどのやり方が、シャンプーの成分を一つずつ検索にかけて機能を調べてそれを書いていくだけ・・・。

そんなシャンプー解析サイトがたくさんあるので、くれぐれも注意してください!

シャンプーの解析サイトは信憑性ないの?

もちろんしっかりした知識をもって解析している解析サイトも中にはありますが、よくこのようなことを言う方がいます。

『いくら全成分が書かれていても、実際の配合量がわからなければ完璧なシャンプー解析は絶対に不可能』

これに対しては全くそのとおりです。

いくらすべての成分がわかっていても洗浄成分の正確な量や、植物エキスの正確な量まではわからないのです。

本当に完璧な解析をしようと思うと、様々な機械が必要になってきますので、それがない限り完璧な解析はできません。

正論です。

しかし、そんな一般の方が持っていない機械を使用して完璧な解析をして果たして意味がありますか?

もし、どの家庭にもそのような解析するための機械があればその解析方法も役に立つかもしれませんが、実際にはないですよね。

つまり、消費者が店頭にたくさん並んでいる製品の中から良い製品を見つけるためには、ラベルに書かれた全成分から判断するしかないのです。

だから、完璧な解析でなくとも成分を見て良い製品を選ぶ力をつけることが何よりも意味があることだと私は思うのです。

その力さえつけば、自分に合うシャンプーにも出会えますし、新商品が出ても解析サイトが解析するのを待たなくても自分で選べます。

もちろんこのサイトでも私から見ておすすめのシャンプーを紹介していきます。

私は本業が美容院専用シャンプーの開発なので、正しい解析はもちろんできますし、成分ごとの配合量も値段とのバランスでおおよそはわかります。

なので、このサイトでは読者のための正しい解析を心がけていくので、是非シャンプー選びにご活用ください。

この記事に関連する記事一覧

コメントは5件です

  1. ruruhachi より:

    初めまして
    以前、ノンシリコンシャンプーについて美容院の方が同じ事をおっしゃっていたのでとても興味深く拝見しました。美容院の方はどのシャンプーが悪いかは教えてくれたのですが、じゃあどのシャンプーを選んだらよいのだろうとずっと悩み続けています。

    こちらの記事はとても参考になりましたが一点お伺いしたいことがあります。
    お問い合わせフォームが見つからないので、こちらからお問い合わせをしてもよろしいでしょうか。

    記事の中で下記の表記がありました。

    『植物エキスも髪に保湿などの一定の効果はありますが、たくさんのエキスをたくさん入れれば良いというものでもないです。

    入れすぎると刺激となって頭皮トラブルに合うこともあります。

    なので、植物エキスの種類がたくさん配合されているシャンプーは少し注意が必要です。

    効果を全く考えておらず、イメージが良いからと言ってなんでもかんでも配合している場合があるからです。』

    しかし、おすすめされている「ハーブガーデンシャンプー」のサイトを拝見したところ
    38種類の天然由来成分の植物エキスが配合されていると謳っています。
    これは問題のないレベルなのでしょうか。

    少し、矛盾を感じてしまったので教えて頂けると幸いです。

    • aki18erina より:

      お問い合わせありがとうございます。
      矛盾を感じてしまいますよね、申し訳ございません。
      本当に良いシャンプーは何か?

      まず、シャンプーは洗浄するものなので、洗浄成分が一番大切です。

      なので、頭皮や髪の毛を洗うのに適した洗浄力をもち、刺激を徹底的に排除した洗浄成分を使用したシャンプーが本当に良いシャンプーです。

      しかし、私たちが良いシャンプーだなと思う時って、植物成分100%とか、植物エキス配合とか書かれている時じゃないでしょうか?

      つまり、効果があまりないとわかっていても植物エキスは、謳い文句として絶対必要なのです。

      なので、どのメーカーも配合しています。

      つまり、言葉は悪いですが、植物エキスはどうでも良いのです。

      それを伝えたくて植物エキスは効果がない!むしろ配合量が多すぎるとデメリットすらあります!と書いたのです。

      おすすめしているハーブガーデンシャンプーにも植物エキスがたくさんの種類入っていますが、これはほぼ効果なしです。

      ただ、営業が売りやすいためだけに配合されていると言っても過言ではありません。

      ただ、公式ページに植物エキス配合と書きたいだけなのです!

      そうゆう理由なので、高価な植物エキスをわざわざ刺激が出るほど配合しませんのでご心配なく!それはどのシャンプーでも言えることですが、高価な植物エキスはごくごく微量しか配合されていません。

      なので、適当な洗浄成分を配合しておいて、やたら植物エキス配合をおしているシャンプーには気をつけてください。

      本当に良いシャンプーは、売るために植物エキスを配合していますが、使う人のことを考えてしっかりアミノ酸系洗浄成分を配合してくれています。

      それが、ハーブガーデンシャンプーということです。

      文章でうまく話せませんが、少しでも矛盾が解けたら嬉しいです。

      • ruruhachi より:

        aki18erina様

        大変、分かりやすい回答をありがとうございます。

        洗浄成分がシャンプーの良し悪しの全てであり、植物エキスはおまけに過ぎないと言う事ですね。
        そのおまけ成分を気にしすぎて、本当に良いシャンプーに出会うチャンスを逃すところでした。

        このあたりはシリコンが悪いのではなくて、シリコンを入れないといけないような成分が入っているシャンプーがダメと言うのと似ているような。

        この度は、色々と勉強になりました。
        本当にありがとうございます。
        長年、自分にあったシャンプー探しを続けて来て、色々なサイトを拝見しましたがここまで分かりやすく腑に落ちる説明をしていただいたのは初めてのような気が致します。
        早速、ご紹介いただいたシャンプーを試して自分に合うものを探して行きたいと思います。

        美容院のシャンプーってなんであんなに高いんだろう、何か怪しくない?と思っていた自分が恥ずかしいです。
        今後とも色々な情報を素人にも分かりやすく発信をして頂けると嬉しいです。
        この度はありがとうございました。

        • aki18erina より:

          ありがとうございます。
          確かに高品質な洗浄成分はとても高価です。

          ですが、美容院シャンプーでもハーブガーデンシャンプーのような通販シャンプーでも、コスパが悪い製品は数多くありますので注意が必要です。

          その理由の一つとして、美容院で売られているシャンプーは美容院専売品メーカーが製造販売しています。

          この美容院専売品メーカーは他に、カラー剤、パーマ剤、ヘアワックス、処理剤、トリートメント、シャンプーなどの製品を製造販売しているわけですが、実はカラー剤やパーマ剤などはある程度価格が決まっているのです。

          例を出すと『本』のようなものです。

          漫画の値段はだいたい400円ぐらいですよね?文庫本もそうですが、値段が決まっています。

          カラー剤やパーマ剤もそれと同じようなもので相場が決まってしまっています。

          なので、あまり利幅がないんですよね。ではどこで利益を出すかと言えばシャンプーとトリートメントになります。

          美容院で売られているようなシャンプーは安いと逆に売れないこともあるのです。

          この辺りは100円均一の化粧水が売れないのと同じ理由で、安いとなんか不安になるからです。

          それを利用して中身は安く抑えておきながら、高価格帯で販売されている美容院シャンプーも中にはありますので、注意が必要です。

          もし、通っている美容院で販売されているシャンプーで気になる製品があれば、簡単に解析しますので、その時は全成分表の最初の方だけでも良いので、教えてくださいね!

    • aki18erina より:

      ハーブガーデンシャンプーも良いシャンプーですが、美容院にもたくさんの良いシャンプーがありますので、ハーブガーデンシャンプーだけにこだわらないようにしてくださいね!

      良いシャンプーがあなたに合うとは限りませんので。

      そこが難しいところですね。
      ただ、ハーブガーデンシャンプーの場合返金保証制度があるので、合わなかったら返品可能です。

      そういった制度を利用しながら自分に合う洗浄成分を探していくと、本当に良いシャンプーに出会えると思います。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー