美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » シャンプーの正しい基礎知識 » オーガニックシャンプーって何?効果や安全性の考え方には注意が必要

オーガニックシャンプーって何?効果や安全性の考え方には注意が必要

219
最近では、自然派ブームが到来したことで『オーガニック』というものが非常に人気ですね。

それに伴ってオーガニックシャンプーというものまで売り出されるようになりましたが、実際のところオーガニックシャンプーは普通のシャンプーに比べて何が良いのでしょうか?

また、オーガニックと聞くと『自然派』というイメージがありますが、実はオーガニック=安全と考えている人は少し注意が必要です。

今回はそのあたりのオーガニックの安全性や本当に効果があるのか?というところを紹介していきたいと思います。

そもそもオーガニックって何?

ヨーロッパではオーガニックの認定機関というものがあり、その機関に許可をもらわないとオーガニック製品を名乗ることはできませんが、日本にはそのような機関がないのでオーガニックという定義が非常に曖昧な状態です。

それにより、シャンプーなどをはじめとしたオーガニック製品がゴロゴロ市場に出回っています。

つまり、メーカーがこれはオーガニック商品だと言えばオーガニック商品として売りに出されることになってしまうのです!

では、そもそもオーガニックとはどうゆう意味でしょうか?

オーガニックとは『有機栽培』を意味します。

有機栽培とは、野菜や果物などの食べ物を育てる時に農薬や化学肥料などの化学物質を一切使用しない栽培方法のことを指すので、合成化学物質を嫌う自然派の方たちの間で人気が出たのが始まりです。

無農薬野菜などがそれにあたります。

つまりオーガニックという言葉は、本来食べ物に対して使用する言葉ということになるので、オーガニックコスメという言葉は少々不思議な言い方だなと感じると思います。オーガニックシャンプーも同様ですね。

では人工的に作られるシャンプーなどの化粧品がオーガニックと呼ばれるのはなぜなのでしょうか?

オーガニックシャンプーとは?

先程オーガニック製品に明確な定義はないと言いましたが、それでも日本で売られているオーガニックシャンプーにはある特徴があります。

基本的に日本では、有機栽培をした植物等から抽出した成分のみで作るシャンプーをオーガニックシャンプーと呼んでいるようですが、何しろ定義がないのでもちろんそれに従っていないメーカーもあるので、とても曖昧な状態になっています。

中には、有機栽培をした植物から抽出した成分をほんの一滴たらして、はいオーガニック!

と呼んでいるようなメーカーもあるようです。

とにかく定義が曖昧なので、このサイトでは『有機栽培で育てられた植物等から抽出した成分を数種類ほど配合したシャンプー』のことをオーガニックシャンプーとして話を進めていきたいと思います。

さて、本題に戻って農薬などの化学肥料などを使わずに育てられた植物等から抽出した成分を使用しているということで、なんだか体にも髪にも良さそうと思われがちなこの成分ですが、この植物から抽出した成分というのが、皆さんもご存知の『植物エキス』『精油』になります。

よく聞くメーカーの謳い文句にある『植物成分由来の~』とか、『天然成分○○配合~』といったなんかよくわからないけど、髪に良さそう!

と思ってしまう成分ですね。

確かに植物エキスや精油は一定の効果が認められています。

しかし、効果が認められているということは、その反対に必ず『副作用』というものがついてまわります。

今回は、そんな頭皮や髪に対してとてもイメージの良いものである『植物エキス』と精油のちょっとした危険性や有機栽培の危険性にも触れていきたいと思います。

本物のオーガニックシャンプーはこちら→日本初コスモス認証ヘアケアセット .N(ドットエヌ)

有機栽培によって育った植物の危険性

オーガニック=安全という固定概念が皆さんにはあると思いますが、この考え方は正しいのでしょうか?

結論から申し上げますと、オーガニック製品が食品であればどちらでもないという話になりますが、化粧品に関していうと『オーガニック=安全』という図式は間違っています。

野菜などを育てる時に使用する農薬が、野菜に残留することでそれを食べる私たちの体に影響があるのではないか?

と考えられたことで、オーガニック栽培が発案されました。

一時期、自然派のママさんたちにも無農薬野菜がとても話題になりましたね!

確かに農薬が使われていないのですから安全そうです。

しかし、カリフォルニア大学の研究結果によると、薬を使用して栽培した野菜よりも無農薬で栽培した野菜の方が強い毒性が出てしまったのです。

これはなぜか?

植物には動物などと同様に過酷な状況でも生きていくために外敵から身を守る防御システムが備わっているからです。

これを『天然毒素』と呼びますが、有名なところでいえばじゃがいもの芽に含まれるソラニンがそれにあたります。

外敵から身を守るためにこの『天然毒素』が作られるわけですが、人間が植物の栽培で農薬を使用すると、植物からするとこの毒素を作る必要がなくなるわけです。

従って、農薬は残留するが天然毒素は限りなく0になるということです。

つまりオーガニック栽培した植物からは、この天然毒素の数値が多く出てしまったのです。

しかし、食品として食べる場合には農薬の残留量も天然毒素の量もとても微量なので健康被害が出るほどのものではないそうです。

しかし、これがシャンプーになると話は少し変わってきます。

植物エキスは他の成分で薄めて使用するのでまだよいのですが、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油は抽出されたものをさらに濃縮して使用します。

この精油の原料である植物がオーガニック栽培によって育てられたものだったらどうでしょうか?

植物本来のもつ天然毒素も、もれなく濃縮されて配合されてしまうことになってしまいますので、ラベンダー油などの○○油と書かれた成分がたくさん配合されていたら『髪に良さそう』と思うのではなく、『少し注意が必要だな』と思って欲しいのです。

植物エキスや精油にはアレルギー性がある?

実際、植物エキスや精油によるアレルギーは報告されています。

なので、これらの原料をふんだんに使用したオーガニックシャンプーというものが安全であるという認識は間違っているということになります。

(しかし、オーガニックシャンプーがすべて悪いというわけではない)

ネットでは、シャンプーの成分に関して間違った情報がたくさん出回っています。

有名どころでいうと、合成は危険で天然は安全という考え方です。

しかし実際はその反対です。

合成された化学成分は、好きに合成できるので危険を簡単に取り除くことができます。

しかし、天然成分は多少今回のように毒素があっても天然成分と言えなくなってしまうことから、取り除くことができません。

冷静に考えればわかることですが、自然界に存在するものより、トップレベルの化学者たちである人間の手を加えた成分の方が安全なのは言うまでもありません。

現在は、合成界面活性剤不使用などと書かれたシャンプーまである時代ですが、これらの界面活性剤には危険性がないものもたくさんあります。

そんな安全な成分を避けて、危険で定義が全くないイメージだけのオーガニック製品に頼るのだけはやめてほしいと思います。

関連記事はこちら:界面活性剤の毒性について

植物エキスや精油を紹介

では、この植物エキスや精油がシャンプーに配合されたら、どのように表記されるかを少しだけ紹介します。

植物エキスに関しては簡単ですね、○○エキスと書かれたものがそれにあたります。

植物エキスに関しては配合量も微量ですのでそれほど気にする必要はありませんが、間違ってもたくさん配合されているから、良いシャンプーであると認識するのだけはやめてください。

シャンプーの善し悪しを決めるのはあくまでも界面活性剤の品質です。

そして注意が必要なのは、精油の方です。

○○油と書かれた成分がそれにあたります。

よく配合されているものでいうと、ラベンター油とかベルガモット果実油とか、ローズ油ですね。

これがかなりの種類入っていたら、敏感肌の方からするとあまりよくありませんので、注意してください。

敏感肌の方が使用すると、アレルギーが発生する場合もあります。

現在、インターネットはいろんな情報を瞬時に得ることができるため、とても便利ですが間違った情報も流されているのが現実です。

イメージに流されずに確かな知識を身につけて、シャンプー選びをして欲しいと思います。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー