美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » TSUBAKIシャンプーの成分を解析!化学者が品質を評価します

TSUBAKIシャンプーの成分を解析!化学者が品質を評価します


もうこのシャンプーは知らない方はいないのではないかと思えるほどの有名シャンプーですね。

大手化粧品メーカーの資生堂さんから販売されているシャンプーですが、CMではきれいな女優さんをたくさん出演させていますし、商品イメージは完璧に近いレベルだと思います。

しかし、中身である成分はどうなのでしょうか?

今回も、しっかり成分からTSUBAKIシャンプーを解析していきたいと思います。

まずこのツバキシャンプーシリーズは3種類のラインナップがあります。

エクストラモイストシャンプー 赤TSUBAKI
ダメージケアシャンプー   白TSUBAKI
ボリュームタッチシャンプー 紫TSUBAKI

どのメーカーもそうですが、シリーズものはほとんど中身が同じです。

ですので、今回は一番主流である赤TSUBAKIを解析していきたいと思います。

TSUBAKIシャンプーのデータ

TSUBAKIシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、ソルビトール、DPG、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、ステアルトリモニウムクロリド、ツバキ種子油、塩化Na、アセチルヒアルロン酸na、加水分解コンキオリン、アスペルギルス/ツバキ種子発酵エキス液、硫酸na、ジメチコン、ラウリン酸PEG-2、クエン酸、EDTA-2Na、ココイルメチルタウリンタウリンNa、BG、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸na、香料、黄5、黄4

市販品おなじみ洗浄成分ラウレス硫酸Na

このシャンプーの洗浄成分はシンプルに2種類で構成されています。

・ラウレス硫酸Na
・コカミドプロピルベタイン

まず、2番目のラウレス硫酸Naですが、これは陰イオン界面活性剤の中の高級アルコール系洗浄成分です。

ネットで叩かれているほど悪い成分ではありませんが、この成分が多く配合されていると、どうしても頭皮に刺激が残ってしまいます。

(ネットでは頭皮から浸透して体内に蓄積して発がん性を起こすと言われているが、全くのデタラメ)

この成分の特徴は、高洗浄力・高刺激性です。

確かに洗浄力が高いおかげで洗い上がりはとても気持ちが良いですが、洗浄力が高すぎるせいで、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ奪ってしまいます。

その結果、髪の毛のパサつきやうねり、乾燥によるかゆみなど様々な皮膚トラブルが起こりかねないので、あまりおすすめできる洗浄成分ではありません。

3番目の成分であるコカミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、ラウレス硫酸Naの刺激性を緩和してくれる働きを持ちますが、それでもやはりラウレス硫酸は強力なので、多少緩和されたところで高刺激性はかわりありません。

2種類のヘアコンディショニング剤

・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
・ステアルトリモニウムクロリド

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・・・この長い名前の成分は一体何?

と思われると思いますが、これはクロリドとついていますが、カチオン界面活性剤ではなく、水溶性のカチオンポリマーで、髪の毛に対して柔軟性やコンディショニング効果を与えてくれるものです。

そしてステアルトリモニウムクロリドですが、こちらはカチオン界面活性剤で柔軟剤に入っているような成分で、一時的に質感をアップするものになります。

つまりこの二つの成分は、髪をコーティングすることにより質感をアップさせるだけであり、髪の内部に浸透してダメージを補修してくれるような成分ではありません

よくシャンプーに配合されているポリクオタニウム-10と同じような効果ということになります。

洗った後すぐはしっとり感が出ると思いますが、ドライヤーで乾燥後に妙なゴワつきが出ることが予想されます。

3種類の保湿成分を配合

・ソルビトール
・DPG
・アセチルヒアルロン酸na

このシャンプーには3種類の保湿成分が配合されていますが、シャンプーは最後に水で流してしまうものなので、基本的に保湿成分の効果はどうしても薄れてしまいます。

しかし全くないわけではありません!

そして、この保湿剤の成分で少し気になるのがDPGです。

正式名はジプロピレングリコールという成分で、これは安い化粧水の主成分になることが多い保湿成分で、敏感肌の方には向いていません。

化粧水と違い最後に洗い流すので、よほどのことがない限り大丈夫だとは思いますが、目や皮膚に刺激を感じる方もいると思うので、もし刺激を感じたら使用をやめた方が良い成分です。

その他の成分に疑問が・・・

後の成分は、ミネラル分をコーティングしてくれるEDTA-2Naや、防腐剤、香料が配合されているだけなので、このあたりは解析には影響を与えません。

しかし、この安息香酸という防腐剤が配合されていることが疑問に残ります。

それは、何もこの成分が悪いわけではありませんし、むしろ私がシャンプーを開発する時には必ずこの防腐剤を配合します。

では何が疑問かと言うと、先程紹介した洗浄成分であるラウレス硫酸Naという洗浄成分は、液性がアルカリ性の時に高い洗浄力を発揮します。

しかし、この安息香酸という防腐剤はアルカリ性でなく、弱酸性の時にしか効果を発揮しません。

大手の化粧品メーカーがこのような単純なミスをするとは思えないので、このシャンプーは弱酸性ということになるかと思います。

では当然ラウレス硫酸Naの洗浄力は落ちてしまいますので、その分配合量を増やすということになります。そうなると、より頭皮への影響が懸念されるので注意が必要です。

もちろん頭皮にはアルカリ性より弱酸性のシャンプーの方が良いですが、ただ液性を弱酸性にすれば良いというものではありません。

本物の弱酸性シャンプーとは、弱酸性の時に高い洗浄力を発揮する高品質な洗浄成分を使用したシャンプーです。

なので、このシャンプーはそうゆう意味でも低品質と言わざるを得ません。

特にカラーやパーマをして髪にダメージがあるという方は、使用を避けたほうが良いと思います。

このシャンプーではせっかくカラーやパーマをしても長持ちしてくれませんので、少し値段は張りますが、高品質な弱酸性アミノ酸シャンプーを使用することをおすすめします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー