美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » パンテーンシャンプーの洗浄力は危険?成分を解析して徹底評価!

パンテーンシャンプーの洗浄力は危険?成分を解析して徹底評価!

o0800041112036100866

今回は、市販のシャンプーの中でも依頼が多かったパンテーンシャンプーの解析をしたいと思います。

パンテーンシャンプーにも様々なシリーズのものがありますが、毎回言っているようにシリーズものはほとんど中身が同じです。

その中でも特に要望の多かったダメージに特化しているパンテーンエクストラダメージケアシャンプーを見ていきたいと思います。

パンテーンエクストラダメージケアシャンプーのデータ


洗浄力:
このシャンプーの洗浄力は高すぎます。人の頭皮を洗う上でこれほどの洗浄力は絶対にいりません。

低刺激性:
安全性に不安のある防腐剤の使用や、高刺激の洗浄成分が使用されている。

しっとり感:
使用感としてはシリコンが配合されているため、しっとり感はあるが、それはあくまでもしっとりしていると感じるだけで実際の髪はきしみます。

ダメージ補修成分:
一つも補修成分は配合されていません。

コスパ:
低品質のシャンプーですが、値段も安いです。

総合評価:
よくある低品質な市販品シャンプーといったところです。

パンテーンエクストラダメージケアシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸アンモニウム、キシレンスルホン酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、ラウリル硫酸アンモニウム、塩化Na、コカミドMEA、クエン酸Na、セタノール、香料、ジメチコン、ポリクオタニウム-10、クエン酸、水添ポリデセン、安息香酸Na、EDTA-2Na、パンテノール、パンテニルエチル、ラウレス-4、ラウレス-23、リシンHCI、メチルチロシンHCI、ヒスチジン、エチレンジアミンジコハク酸3Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

シャンプーで一番大事な洗浄成分は?

シャンプーで最も大切な洗浄成分である界面活性剤は配合順に並べると下記のようになります。

・ラウレス硫酸アンモニウム
・キシレンスルホン酸アンモニウム
・ラウロアンホ酢酸Na
・コカミドプロピルベタイン
・ラウリル硫酸アンモニウム
・コカミドMEA

ラウレス硫酸アンモニウムとキシレンスルホン酸アンモニウムとラウリル硫酸アンモニウムは、ともに陰イオン系界面活性剤の仲間で、市販品でよく見られる処方です。

この三つの洗浄成分は、とても人の頭皮を洗うために開発されたものとは思えないくらい洗浄力が高い成分のオンパレードです。

しかもラウリル硫酸アンモニウムは、刺激が高すぎるために今ではほとんどシャンプーに使用されなくなった低品質の洗浄成分です。

まるで、油でギトギトになった食器でも洗うのかと思うほどの高洗浄力・高刺激成分で構成されているので、シャンプーとしてはおすすめできません。

その他の界面活性剤ですが、コカミドMEAは発泡剤であり、泡立ちを良くする成分で洗浄力には加担しません。

この成分は刺激もほとんどないものです。

残りの二種類の洗浄成分は両性界面活性剤で、他の洗浄成分の刺激を抑えてくれる成分なのですが、先程から言っているように、これほど高刺激な洗浄成分が配合されているとあまり意味をなしません。

このシャンプーはシリコン配合

このシャンプーはとても口コミ評価が高いです。

洗浄成分を見てみるとわかりますが、こんなシャンプーで頭を洗ったら洗い上がりはとてもきしむでしょうし、乾かした後もゴワゴワになってまるで銭湯のシャンプーのような仕上がりになると思います。

しかし、このシャンプーにはシリコンが配合されているので、これが髪をコーティングしてくれるため、きしみなどは生まれず口コミ評価は高いものになります。

シリコンはインターネットで調べてもらえばわかるようにとても悪い噂が流れていますが、シリコン自体は安定性がとても高いので、配合されていても全く問題ありません。

しかし、重要なのはなぜシリコンを配合しないといけないのかということです。

このシャンプーでいうと、安い低品質の洗浄成分を使っているため、使用感が悪くなるからということになります。

つまり、シリコンが悪いのではなく、シリコンを配合しなければならないほど低品質な洗浄成分を使用していることが問題なのです。

また、このシャンプーにはシリコンが配合されているにもかかわらずポリクオタニウム10というきしみ緩和成分も配合されています。

この二種類の成分が配合されているおかげで、シャンプーでの髪に対するダメージを隠すことができ、口コミ評価につながるということです。

つまりシャンプーにおける口コミ評価は信憑性は低いということになります。

ダメージ補修成分はどれ・・?


このシャンプーはエクストラダメージケアシャンプーということですが、ダメージ補修成分が見当たりません

他のサイトでは、パンテノールをダメージ補修成分として紹介していますが、この成分はあくまでも一時的なトリートメント効果があるだけで、内部にしっかり浸透してダメージを補修する成分ではありません。

なので、残念ながらこのシャンプーではダメージを補修することはできません。

アレルギーになりやすい防腐剤配合?

今まで絶対的に人気があった『パラベン』という防腐剤が体に良くないという間違った認識をもたれたがために最近ちょくちょく名前を聞くようになったメチルクロロイソチアゾリノンメチルイソチアゾリノンという防腐剤。

パラベンには全く危険性はないですが、この二つの防腐剤でアレルギーを発症したという人が今とても増えています。

今は本当に安全であるものが否定され、安全性に疑いのあるものが安心して使われる時代です。

パラベンは、もう何十年も前から研究や実験により安全性が確認されていますので、安心できるものです。

ですが、今回のようにパラベンは危険!

という根拠のないデマ情報が飛び交ったことで、メーカーとしてもパラベンを使用しにくくなったことで、このようなまだ十分に安全性が証明されていないものを使わざるおえなくなってしまったのです。

ただし今ではフェノキシエタノールなどのパラベン以外の防腐剤もあるので、わざわざこの防腐剤を使用しなくてもそちらで代用すれば良いのにと思ってしまいます。

まとめ

シャンプーで一番大切な洗浄成分は、とても高刺激で高洗浄力なため敏感肌の方が使用すれば間違いなく荒れます。

また、ダメージ補修成分は全く配合されていませんので、カラーリングやパーマをしている方も絶対に使用してはいけません。

カラーなどで開いたキューティクルが開きっぱなしになってしまいます。

(そのような方には弱酸性のアミノ酸シャンプーをおすすめしています)

また、二種類の防腐剤に安全性の高いものを使用していないので、この成分でアレルギーを発症してしまう方もいると思いますので敏感肌の方は注意が必要です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー