美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » エスコスオレンジシャンプー!プロの成分解析の評価を公開

エスコスオレンジシャンプー!プロの成分解析の評価を公開

00gamen

通販で人気のシャンプーの一つであるオレンジシャンプー。

公式ホームページを見てみるとオレンジの力で毛穴の汚れをしっかりと落としてくれて、洗いながら髪と地肌をケアしてくれるシャンプーのようですね。

また、コンセプトとしては細毛の方におすすめのボリュームアップシャンプーということですが、本当に良いシャンプーなのでしょうか?

    • シャンプーの善し悪しを決める大事な界面活性剤に何を使用しているのか。
    • 頭皮に刺激性が懸念される成分がないか
    • ボリュームアップ成分は本当にしっかり配合されているのか

主にこの三点を重点的に解析して評価していきたいと思います。

オレンジシャンプーのデータ

オレンジシャンプー全成分

水、コカミドDEA、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、BG、ジラウレス-10リン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、オレンジ油、リモネン、ウンシュウミカン果皮エキス、ヒバマタエキス、ホホバ油、ゴマ油、パンテノール、オランダカラシエキス、ローズマリー葉エキス、イチョウ葉エキス、オタネニンジン根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、カンゾウ根エキス、アロエフェロックス葉エキス、セージ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタエキス、オドリコソウ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ニンニクエキス、トコフェロール、エタノール、フェニルトリメチコン、ポリクオタニウム-10、ステアラミドエチルジエチルアミン、フェノキシエタノール、ツバキ油、サザンカ油、コメヌカ油、ダイズ油、グリチルリチン酸2K、スクワラン、クエン酸

このシャンプーに使用されている界面活性剤は?

・コカミドDEA
・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウリミノジプロピオン酸Na

このシャンプーのメイン洗浄成分は非常に特徴的です。

まず、本来なら発泡剤として基本的には補助的な洗浄成分として配合されるコカミドDEAがこのシャンプーではメイン洗浄成分となっています。

そんなコカミドDEAが主成分となっているので、泡だちは申し分ありませんし、この成分は非イオン系界面活性剤なので特に目立った刺激もありません。

しかし、次のオレフィンスルホン酸Naですが、この成分は低品質と言わざるを得ない『高洗浄力・高刺激』の洗浄成分です。

市販のシャンプーに多い『ラウレス硫酸Na』の代わりとして最近では市販のシャンプーに処方され始めた成分ですが、この成分もラウレス硫酸Naと変わらないくらい低品質の成分です。

しかし、メイン配合にはなっていないので市販のシャンプーと比較すると刺激は少々抑えめというところですが、低品質にはかわりないので注意が必要です。

このシャンプーはホームページにアミノ酸シャンプーと書かれていますが、3つ目の成分にしてやっとアミノ酸系成分のココイルグルタミン酸TEAが出てきました。

この成分は、とても高品質です。

しかし、成分表の4つ目の成分なので、これだけの配合ではとてもアミノ酸シャンプーとは言えません。

そのあたりで価格を落としているのだと思います。

そして最後のラウリミノジプロピオン酸Naは両性界面活性剤で、このシャンプーの洗浄成分をマイルドにしてくれる役割をもちますがオレフィンスルホン酸の刺激性はそれでもまだまだ高いので、多少の刺激は否めません。

精油や油脂類の刺激性に注意

まず、精油の前にたくさんの植物エキスが配合されていますが、これらの配合量はおそらくほんの数滴レベルの話になってきますので、ほとんど無意味な成分です。

もちろん配合量が少ないので刺激性もほぼないということなので、解析には全く影響を及ぼしません。

それよりも気になるのが精油などの油脂類の配合です。

オレンジ油やゴマ油、サザンカ油などたくさんの油脂類が配合されていますが、これらは酸化耐性が低いので、シャンプーして時間がたつと臭いが出やすいですし、紫外線を浴びすぎるとこれらの油が焼けてしまうので注意が必要です。

植物エキスならまだしも、若干の刺激性が認められている『精油』をやたら配合する姿勢は減点対象ですね。

洗浄成分は市販のシャンプーより少し良くして、後はイメージが良い植物エキスやエッセンシャルオイル(精油)を配合しただけの低品質シャンプーと言わざるを得ません。

洗い上がりの仕上りが良いと感じるのは、パンテノールやステアラミドエチルジエチルアミンが、若干のトリートメント効果を発揮するためです。

しかし、この二つの成分はダメージ補修成分ではないため、コンディショニング効果もはじめだけです。

このように多少仕上がりをごまかしていますが、実際のところ市販の低品質シャンプーとそれほど変わりませんので注意してください。

また、このシャンプーはボリュームアップシャンプーということでしたが、全成分表を見てみてもボリュームアップにつながりそうな成分は一切見当たりませんので、ボリュームが欲しい方には不向きのシャンプーです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー