美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » CLEAR(クリア)シャンプーを美容院シャンプー開発者が解析した評価

CLEAR(クリア)シャンプーを美容院シャンプー開発者が解析した評価

maxresdefault-1
一時期女優の山田優さんが使用しているという情報が流れたことで話題となったクリアシャンプーですが、このシャンプー本当に良いシャンプーでしょうか?

ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、価格帯も比較的低価格なこのシャンプーの中身をしっかりと見ていきたいと思います。

今回は濃厚ノンシリコンシャンプーに焦点をあてて解析していきますが、クリアシャンプーのようにたくさんラインナップしている商品は、シリーズものであればほとんど中身は同じなので、クリアシャンプーはどれもこの解析結果が当てはまります。

(何か質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください)

それでは解析していきます。

クリア濃厚ノンシリコンシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、 コラーゲン、ピリドキシンHCl、酢酸トコフェロール、ヒマワリ種子油、アルギニン、リシンHCl、 ステアリン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、 ポリクオタニウム-10、トレハロース、PPG-7、クエン酸、 安息香酸Na、EDTA-2Na、水酸化Na、硝酸Mg、イソプロパノール、 メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料、黄4、赤227、 青1

クリア濃厚ノンシリコンシャンプーのデータ


洗浄力:
ラウレス硫酸Naは非常に低品質な洗浄成分で、高刺激・高洗浄力の代表的な成分です。

低刺激性:
上記の洗浄成分が低刺激性の評価も下げています。

しっとり感:
0とつけたいぐらいしっとり感はないでしょう。
本来ラウレス硫酸のような高洗浄力の洗浄成分を配合する場合は、絶対にノンシリコン処方にしてはいけません。

ダメージ補修成分:
市販シャンプーでこの値段では仕方ありませんが、全く配合されておりません。

コスパ:
容量:370ml
価格:880円

総合評価:
よくある市販品シャンプーといったところですね。
ですが、市販品シャンプーならば絶対にシリコン入りを選ぶべきです。

主成分である洗浄成分の評価

・ラウレス硫酸Na
・コカミドプロピルベタイン

このシャンプーはたった二種類の洗浄成分しか配合されていませんが、数が少ないことは悪いことではありません。

しかし、問題なのは言うまでもなく『ラウレス硫酸Na』です。

この成分は、代表的な低品質成分で、人の頭皮を洗うのに全く適していません。

それほど高い洗浄力を持つ成分です。

あの超強力食器用洗剤『ジョイ』の主成分と同じですね。(表記の仕方は違います)

よく、私は人より油が多いから・・・という方がいますが、油でべったりのフライパンなどを洗う食器用洗剤と同じ洗浄成分がこのクリアにも使われているのです。

そんなシャンプーを毎日使用していたら、当然ちょっとでも頭皮が弱い方なら乾燥からくるパサつきやフケに悩むことになります。

ラウレスの次に配合されているコカミドプロピルベタインはこのラウレス硫酸の刺激性を緩和するために配合されているのですが、さすがに相手がラウレスでは話になりません。

他には何が入っているの?

maxresdefault
クエン酸はこのシャンプーを弱酸性に保つために配合されていますし、安息香酸Naやメチルイソチアゾリノンはシャンプーが腐らないために配合されています。

EDTA-2Naは馴染みがないかもしれませんが、キレート剤と呼ばれるもので、シャンプーの洗浄成分が水道水の金属イオンと反応してしまうのを防ぐために必要なものです。

なので、このあたりはどのシャンプーにも当たり前に配合されている必要な成分なので解析には全く関係ないのですが、それ以外の成分は、あまり意味のないものばかりです。

例えばグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドというものがありますが、これは髪の毛の指通りをよくしてくれる成分なのですが、これを入れるぐらいならシリコンを入れた方がよほど安全ですし、効果もあります。

そんなことは百も承知ですが、企業はシリコンを入れることができないのです。

それは、シリコンは意味もなく嫌われてしまっており、ノンシリコンシャンプーが流行ってしまったからです。

本来シリコンは全く悪い成分ではないので、私もシャンプーには必ずシリコンを入れます。

後、ヒアルロン酸のような保湿剤も入っていますが、シャンプーは洗い流すものですので、ヒアルロン酸がいくら保湿力をもっていようともそのほとんどが洗い流す時に一緒に流れてしまいます。

そう考えるとこのシャンプーはただの強力な洗剤と同じと言えます。

さすがにジョイよりは弱いですが、頭皮を洗うよりは食器を洗うのに適しているのでは?

と思えるような内容になっています。

さらにいうと、黄4、赤227、 青1などの着色料が入っていますが、『洗浄』を目的としたシャンプーに着色料を入れる意味がわかりません・・・。


まとめ

市販シャンプーによくあるラウレス硫酸Naを主成分としたシャンプーですが、洗浄成分が低品質なのにシリコンを無配合にしてしまったきしみやすいシャンプーです。

クエン酸を配合していることで弱酸性には保たれていますが、カラーリングやパーマをしている方が使用すればキューティクルははがれてくると思います。

決して髪の毛を化学処理している方は使用しない方が良いシャンプーです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー