美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト中評価シャンプー » ラフィーシャンプーを徹底解析!口コミ評価は良いが成分はイマイチ!

ラフィーシャンプーを徹底解析!口コミ評価は良いが成分はイマイチ!

rafi他の様々なサイトで万人受けシャンプーということで高評価がつけられているこのラフィーシャンプーですが、ホームページや成分を見てみるとなぜ高評価なのかとても疑問に思います。

しっかりと成分を見てこのシャンプーを解析していきます。

ラフィーシャンプー全成分

水(海洋深層水由来)、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウレス-6カルボン酸Na、グリコシルトレハロース(Tornare)、ベタイン、ポリクオタニウム-10、加水分解水添デンプン、BG、加水分解シルク、オキナワモズクエキス、香料、安息香酸Na、フェノキシエタノール、エチドロン酸

ラフィーシャンプーのデータ


洗浄力:
万人受けとは言い難いです。
万人受けシャンプーにするためにはもう少し強い洗浄力が必要です。

低刺激性:
洗浄成分の低刺激性は優秀ですが、カチオン化ポリマーの配合量でマイナス1しています。

しっとり感:
さっぱり感よりしっとり感に近いです。
ノンシリコン処方なのでマイナス1しています。

ダメージ補修成分:
一応配合されていますね。
ただし、成分表を見ると配合量が少し少ない気がします。

コスパ:
容量:1000ml
価格:4800円

総合評価:
確かに低品質のシャンプーではありません。
ただ、他のどのサイトでも高評価を得られるのは何かおかしいです。
このシャンプーより高品質なものはたくさんあります。

このシャンプーのどこがアミノ酸系なの?

・ラウラミドプロピルベタイン
・コカミドメチルMEA
・ラウレス-6カルボン酸Na

このシャンプーの洗浄成分はこの3種類です。

確かに万人受けとは言い難いほど洗浄力は低めに設定されており、不思議な組み合わせのシャンプーですが、刺激も市販のシャンプーに比べればかなり低く、低評価をつけるほど悪いものでもありません。

しかし、ホームページを見ると、『頭皮に優しいアミノ酸系シャンプー』と書かれています。

しかしこれは間違っています。

ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤でコカミドメチルMEAは非イオン系。

そしてラウレス-6カルボン酸Naも酸性石鹸と呼ばれるもので、一切アミノ酸系成分は配合されていません。

このシャンプーは、成分というよりもメーカーの方針を少し疑ってしまいます。

このような高額なシャンプーを買う方は、頭皮の悩みをもってこられるのです。

通販で買う方は、人には言えない深刻な悩みを抱えている方も大勢います。

そんな方に販売する高額なシャンプーを販売する側が、間違った情報を載せるいうのことが残念です。

シャンプーにとって最も大切な洗浄成分も中身は悪くはありませんが、良くもありません。

当サイトでおすすめしているアミノ酸系シャンプーは、しっかりアミノ酸系成分を主成分としている高品質なシャンプーなので、よかったらご覧ください。

わざわざこのシャンプーを選ぶ必要は全くありません。

美容師の手荒れを改善?

このシャンプーは美容師の手荒れを直したということで使用している美容院も多くあるということですが、先程も申し上げたようにこのシャンプーは洗浄力が弱すぎます。

つまり、手荒れを改善したことで低刺激性が証明されたような状態になっていますが、低刺激すぎて逆に頭皮の汚れを落とせない可能性があるシャンプーなのです。

確かに美容師の手荒れ問題は深刻でとてもかわいそうな話なのですが、果たして美容師の手のことを一番に考えられたシャンプーが私たちの頭皮の洗浄に最も合うのでしょうか?

シャンプーは手荒れのことではなく、私たち頭皮の洗浄に適した洗浄成分を使用すべきなのです。

低刺激だからよいという問題ではないのです。

『ポリクオタニウム-10』が口コミの評価を上げる

これもホームページには外部のダメージから髪を守ってくれると書いてあります。

確かに、この成分は髪の毛をコーティングすることで、きしみを緩和してくれます。

きしみを緩和してくれるということは洗っている時の摩擦も軽減してくれるので、そうゆう意味ではダメージから守ってくれるという表現の仕方もまあ間違ってはいないように思います。

しかし、ポリクオタニウムはその配合量により効果が全く違い、入れすぎると髪の毛がごわつきます。

このシャンプーの全成分表を見ると、結構な量が配合されているような気がしますので、もしかしたら洗い上がり、髪の毛を乾かした時にゴワつきが発生するかもしれません。

このシャンプーは口コミがそれなりに良く、売れているシャンプーです。

しかし、口コミではあくまでも使用感しかわかりません。

このシャンプーがきしまないのは、ダメージ補修成分が配合されており、髪の毛が修復しているわけではありません。

カチオン化ポリマーで外部だけを一時的に覆っているだけですので中身はそのままです。

このようにシャンプーにおいては口コミ評価というものがあまり役に立たないので注意してください。

まとめ

ホームページにアミノ酸シャンプーと書かれていますが、このシャンプーはアミノ酸シャンプーではありません。

たまにアミノ酸系洗浄成分をホンの少しだけ配合してアミノ酸シャンプーと言っているせこいシャンプーもありますが、このシャンプーは全くアミノ酸系成分を配合していません。

全くどうゆう神経を・・と疑いたくなるような内容です。

全成分表を見ても余計な成分は多く入っていませんし、わりとシンプル設計です。

それだけにとてもおしいですね。

ラウレス-6カルボン酸Naをメイン洗浄成分にして低刺激性を確保しながら高い洗浄力を発揮する製品にするか、メインにアミノ酸系洗浄成分を持ってきてくれれば高品質なシャンプーと言えるのですが、残念ながらそうではないので、ただの値段が高いだけの普通のシャンプーという評価になってしまいます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー