美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » POLAグローイングショット「グラマラスシャンプー」のプロ解析

POLAグローイングショット「グラマラスシャンプー」のプロ解析


ネット通販で人気のシャンプーの一つに、このPOLAグローイングショットという商品があります。

口コミ評価を見てみるととても良い半面、人によっては酷評している方も見かけます。

また、私のお客様の中にもこのシャンプーが合わないとおっしゃる方もそれなりにいらっしゃり、最近質問されることが多いシャンプーなので、今回しっかり解析してみたいと思います。

グローイングショットシャンプーの全成分

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドメチルMEA、ラウリルグルコシド、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
以下の成分1%以下、順不同
加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、チガヤ根エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、PCA、PCA-Na、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソステアリン酸、イソロイシン、グリシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、クレアチン、セリン、トレオニン、バリン、コカミドMEA、加水分解エンドウタンパク、加水分解水添デンプン、乳酸Na、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解コラーゲン、グリコシルトレハロース、BG、PEG-8、PPG-7、ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン、ポリクオタニウム-10、カルボマー、クエン酸、エタノール、ペンテト酸5Na、香料、フェノキシエタノール、安息香酸Na

このシャンプーは『化粧品』なので、配合されている成分をすべて表記しなくてはいけません。

そしてその全成分を配合量の多い順に明記しなければなりません。

しかし、上記にも書かれているように配合量が1%以下である成分は配合量は関係なく記載してよいことになっています。

このシャンプーは配合量が1%以下の成分もしっかり教えてくれていますし、公式販売サイトでもしっかり確認できるようになっています。

そうゆう意味ではとても好感がもてますが、このシャンプー成分を見てみると気になる箇所もありますので、しっかり解説していきます。

グローイングショットシャンプーのデータ


洗浄力:
洗浄力が高すぎます。シャンプーは洗浄成分が命なのでこれはかなりの減点ポイントになります。

低刺激性:
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの刺激は高いです。

しっとり感:
洗浄力が高いですがシリコン入り処方なので、多少のしっとりはありますがさっぱり系の洗い上がりです。

ダメージ補修成分:
ホームページにもあるようにセラミドが配合されていますが、洗い流すシャンプーの場合効果はほとんどありません。

コスパ:
容量:370mL
価格:3132円(税込)

総合評価:
シャンプーの命とも言える主洗浄成分の品質はドラッグストアで買える激安シャンプーとほぼ同じ構成です。
さらに、ダメージ補修成分も配合されていませんので、そこらへんのシャンプーと中身は同じといえます。

シャンプーの命である『洗浄成分』の品質は?

・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
・コカミドプロピルベタイン
・コカミドメチルMEA
・ラウリルグルコシド
・ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン

このシャンプーの洗浄成分はこの5種類ですが、この中でメイン洗浄成分はオレフィン(C14-16)スルホン酸Naです。

この成分は、あまり聞きなれない方もいるかと思いますが、刺激性や洗浄力のレベルで言えばあの『ラウレス硫酸Na』ほとんど差がないものになります。

つまり高刺激性・高洗浄力のとても低品質なシャンプーです。

ホームページを見ると、髪のハリコシや頭皮環境を整えると書かれていますが、とてもそのような効果を期待できる成分ではありません。

続いて気になるのがラウリルグルコシドで、この成分は非イオン系の成分なので確かに頭皮への刺激は低いです。

しかし、頭皮の脱脂力はかなり高いので、頭皮に必要な脂まで奪い取ってしまいますので、その結果、頭皮の乾燥やフケといったトラブルに繋がりこともあるので注意が必要です。

人の頭皮を洗うのにこれほどまでに高い洗浄力を持つシャンプーは必要ありません。

ダメージ補修成分は?


ホームページをみると、14種類のアミノ酸と5種類のセラミド、そしてトチャカエキスが毛髪補修成分として書かれていますが、この中でしっかり髪の内部を補修してくれるのはセラミドだけです。

しかし、シャンプーは付けた後に洗い流す製品なので、そうゆう意味ではセラミドは適していません。

セラミドはトリートメントに配合すると効果が表れますがシャンプー向きではありませんので、このシャンプーではしっかりしたダメージ補修は期待できません。

後の2つは、髪の毛に若干の保湿をしてくれる程度の効果しかなく、ダメージは補修できませんので、このシャンプーでハリコシ感を出すのは難しいと思います。

口コミを見ると、確かにハリコシ感が出てきたような気がするなどのコメントもありますが、基本的には難しいと思います。

ダメージ補修成分に関しては厳しいことを書きましたが、このシャンプーは保湿成分に少し力を入れているなと感じます。

加水分解水添デンプンや加水分解コラーゲンなどがそれにあたるのですが、シャンプーという洗い流してしまう製品でも髪にしっかり残しやすいように工夫がされています。

香料の評価が高い

このシャンプーの口コミ評価がもっとも高いのは『香料』にあります。

実際成分的な話をすれば香料には刺激があるので、基本的には香料は入れないにこしたことはありません。

しかし、特に女性は臭いを気にする人がとても多いので、香りが良いだけで良いシャンプーと思えてしまうのは無理もない話です。

まるで、美容院シャンプーのような上品で上質な香りがするのが特徴で、それだけで気分が上昇するのでしょうね!

しかし、中身を見てみるとそれほど高品質な成分はありませんので、やはりいくら香りが良くてもとてもおすすめできる内容のシャンプーではありません。

まとめ

シャンプーで最も大切な洗浄成分の品質は低いです。

メインの洗浄成分の刺激がとても高いので、乾燥肌や敏感肌の人が使用すると必ずと言ってよいほど頭皮トラブルになると思います。

中身はドラッグストアで買えるようなシャンプーと大差ないわりには価格が高すぎます。

通販にはもっと良いシャンプーがたくさんありますし、当サイトでもおすすめシャンプーを紹介していますので、よろしければ御覧ください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー