美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 正しいシャンプーの選び方 » 髪の運命が決まるシャンプーの選び方!大事なのは界面活性剤の性能!

髪の運命が決まるシャンプーの選び方!大事なのは界面活性剤の性能!

Asian woman skincare image

このサイトでもしつこいぐらい言っていますが、シャンプーの主成分は界面活性剤です。つまりシャンプーの性能を左右するのは、洗浄成分である界面活性剤にほかならないのです。

界面活性剤の性能がシャンプーの性能を決める理由

界面活性剤が大切なのは、先程も書いたように、シャンプーの構成は水と界面活性剤で約90%を占めるからです。

なので、その他の10%でいくら頑張って良い成分を配合したとしても低品質な界面活性剤を使用していては意味がないのです。

にもかかわらず中には植物エキスや天然成分の配合でシャンプーの善し悪しを判断しているサイトも数多くあるので、植物エキスとか天然成分とか言われるとなんとなく髪に良さそう!

と思ってしまいますよね。

その気持ちはとても良くわかりますが、それらの成分で判断するのは間違っています。

しかし、その他10%の成分は全く無意味と言っているわけではありませんので、そこは勘違いしないようにお願いします。

そこも大事なところではあるのですが、界面活性剤が悪い成分であれば、その他10%の成分にいくら良い成分が入っていてもそのシャンプーは高品質とは言えないということです。

シャンプーを選ぶときはまずは界面活性剤!

これは絶対です。

わずかこれだけのことを知っているだけでも、イメージに騙されずにすみます。

それくらい重要なことです。

選び方としては、まずは、界面活性剤に良い成分を使っているシャンプーをピックアップして、その後、その中で使用するシャンプーを絞るときにその他の成分で決めれば良いのです。

このサイトの読者には、紹介しているおすすめシャンプーをただ購入するだけではなく、自分である程度良いシャンプーを選べる力をつけて欲しいと思っています。

もちろんこのサイトでおすすめしているシャンプーを購入していただけたら嬉しいですが、中には市販品で十分だけど、市販の中で良いシャンプーを選べるぐらいの知識が欲しいという方もいるでしょう。

そんな方にもわかりやすく説明していきたいと思いますので、このサイトをシャンプー選びに是非ご活用ください。

界面活性剤の簡単な説明

先程からしつこく言っている界面活性剤ですが、これがシャンプーの洗浄成分であり、これがなければ髪の毛や頭皮を洗浄することはできません。

必ずしも界面活性剤=洗剤ではないですが、シャンプーの場合は界面活性剤が洗浄成分となります。

中には界面活性剤には毒性があって危険だから、界面活性剤不使用のものを選びましょう。

などと紹介しているサイトもまれにありますし、実際に説明欄に『界面活性剤不使用』と書かれた商品もありますが、界面活性剤不使用と書かれていても実際は使われているケースがほとんどです。

その前に界面活性剤にはもちろん毒性はありませんので、気にしなくても大丈夫ですが・・・。

界面活性剤の見極め方

シャンプーに使われる界面活性剤は、洗浄の際にマイナスの電荷を与える陰イオン界面活性剤というものが一般的に使われています。

この成分には実に多くの種類があり、洗浄力が高く刺激がとても強いものや、洗浄力はマイルドにして低刺激のものなど様々です。。

一般的には市販品のシャンプーは『洗浄力が強くて刺激も強い』低品質の界面活性剤を使用したシャンプーが多く、美容院で売っているようなシャンプーは価格こそ高いですが、高品質のシャンプーであることが多いです。

美容院シャンプーと市販品のシャンプーも大きくは、この界面活性剤の違いです。

実際にシャンプーを選んでみよう!

では、実際にどうゆう手順でシャンプーを選ぶかということですが、実にシンプルです。

まずは欲しいと思ったシャンプーの裏のラベルの成分表を見てみましょう

水からはじまり、実にたくさんの成分が書かれていますよね。

カタカナばかりで一体どれが良いシャンプーなのか全くわからないと思いますが、シャンプーなどの化粧品の場合は、配合量が多い順に成分を並べる決まりとなっています。

つまり、先程からもしつこく言っているシャンプーの主成分は水と界面活性剤なので、最初に書かれている成分が界面活性剤ということになります。

つまり、水の次に書かれている成分を見れば良いのです。

ただし、界面活性剤は1種類だけではなく、だいたい3~5種類ぐらいの界面活性剤をブレンドしていることが多いので、水の次の成分3~5個ぐらいを見ると良いです。

最初は全く判断できないと思いますが、慣れてくると成分も覚えてくると思うので、どれが界面活性剤なのかわかるようになってくると思います。

ただし、どれだけ何種類もの界面活性剤が入っていようとも、その中で一番重要な界面活性剤は水の次に書かれている成分です。なぜならそれが水を除いて最も多く配合されているメイン界面活性剤だからです。

なので、水の次の成分だけを把握するだけでもシャンプー選びは変わってきます。

では、実際にどんな名前の界面活性剤があるのか見ていきましょう。

市販品に多い界面活性剤の成分

では、市販品によく使われている低品質の界面活性剤をいくつか紹介します。

・ラウレス硫酸Na
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸アンモニウム
・オレフィン(c14-16)スルホン酸Na

だいたいこのあたりのラウレス硫酸~とかラウリル硫酸~とかオレフィン~とかがついたら高刺激です。

ここで注意が必要なのはオレフィン(c14-16)スルホン酸Naというものです。

注意と書きましたが、この成分が特別高刺激というわけではありません。

これはラウレス硫酸Naなどの代わりとして比較的最近になってよく使われるようになった成分なのですが、一般の方には馴染みがないのです。

つまり、低品質と知られていないのでそれを良いことに通販とかで売っている良さそうなシャンプーやランキング上位になっているシャンプーにもよく見ると配合されているということがあります。

オレフィン(c14-16)スルホン酸Naは、市販品に多く含まれるラウレス硫酸Naなどど大差ない低品質の界面活性剤なので覚えておきましょう。

低刺激を極めた美容院シャンプーなどに含まれる界面活性剤の成分

・ココイルグルタミン酸Na
・ラウロイルグルタミン酸Na
・ココイルメチルアラニンNa
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルサルコシンNa
・ラウロイルサルコシンNa
・ココイルメチルタウリンNa
・ラウロイルメチルタウリンNa

このあたりを覚えておくと良いでしょう。

これは、聞いたことがある方も多いかもしれませんが、これらの界面活性剤を配合しているシャンプーのことをアミノ酸系シャンプーと呼びます。

これはアミノ酸シャンプーに特に多いですが、二番目以降の界面活性剤成分に『コカミドプロピルベタイン』『ココアンホ酢酸Na』などの界面活性剤を配合しているケースです。(市販品でも配合しているものもある)

この二つはとても低刺激な成分なのでまったく問題ありません。

よく使われているので、これも覚えておくと良いと思います。

このアミノ酸シャンプーは、間違いなく現在までに開発されているシャンプーの中では圧倒的に低刺激であり、優れた界面活性剤ですが、中にはそれを利用してこのようなアミノ酸シャンプーと言われているシャンプーも
あります。

2016y04m03d_125614718

確かに、アミノ酸系の界面活性剤は入っていますが、水の次に書かれている最も配合量の多いメイン界面活性剤が、あのスルホン酸ですね・・・。

このようにアミノ酸系の成分を補助成分として少しだけ配合してアミノ酸シャンプーとして販売しているケースもあるので注意してください。

頭皮に悩みがあってシャンプーを変えてみたいなという方には迷わずアミノ酸系シャンプーをオススメします。

間違っても良く知らないのに薬用シャンプーなどの医薬部外品には手を出さないでください。

薬用シャンプーは化粧品ではなく医薬部外品なので確かに効果は出るのですが、効果がある分もちろん副作用もあります。

なので、薬に頼る前に、一度高品質なアミノ酸シャンプーを試してみてください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー