美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 

チャップアップシャンプーをプロが成分解析!フケや薄毛予防には効果的!


通信販売されているシャンプーの公式サイトはどれも良いことしか書かれていないので、本当に良いシャンプーはどれなのか、わかりません。

私は、大人気のこのチャップアップシャンプーを解析するにあたり、公式販売サイトで全成分を確認しましたが、意外と良い成分を使用していました!

どれほど良いシャンプーでも、さすがに髪の毛が生えることはありませんが、このシャンプーの成分であれば薄毛予防にはなりえますし、フケやかゆみなどの頭皮トラブルに対応も可能であると思われますので、そのような方は一度試してみても良いシャンプーかと思います。

また、高価なシャンプーではありますが、全額返金保証制度もあるので、どなたでも気軽に試せる工夫もされています。

それでは、解析していきたいと思います。

頭皮の臭いやかゆみに対応!リゾートハーブシャンプーを徹底成分解析!

美容院で販売されているレベルの高品質のシャンプーを通販でも!

というコンセプトで開発された、次世代アミノ酸ハイブリッドシャンプーである『リゾートハーブシャンプー』

シャンプー開発者として、全成分を簡単に解析しましたが、実に斬新なシャンプーです。

結論から言うと、刺激性も少ない成分を選んでいますし、洗浄成分のバランスもとても良いため、頭皮環境を整えるには最適かと思います。

ホームページにあるような、頭皮の臭いやかゆみに悩んでいる方にはぜひ使用してみてほしいシャンプーの一つなので、詳しい内容を紹介していきます。

enharb(エンハーブ)シャンプーを成分解析!髪や頭皮に優しいって本当?

加齢とともに髪や頭皮に悩みを抱えるようになる女性に向けて開発されたこのシャンプー。

健やかで美しい髪の毛を保つために生まれたこのシャンプーは本当に髪や頭皮に優しいのでしょうか?

シャンプーはいくつもの化学原料を使用して作られるものなので、その中身を知ることはとても重要です。

確かに人それぞれ体質はあるので口コミを参考に購入するのも一つの手なのですが、すべてを口コミに頼るのは非常に危険です。

それでは中身である全成分からこのシャンプーを評価していきたいと思います!

スマートスタイルキューティクルシャンプーの成分解析!人気あるが実力は?


翌日の『ハネ寝ぐせ』を抑えてくれるという新しい付加価値をつけたスマートスタイルキューティクルシャンプー

朝の面倒な寝ぐせ直しの手間が省けると人気のシャンプーですが、シャンプー本来の役割である洗浄力や刺激の面ではどうなのでしょうか?

大手メーカーである『花王』から発売されているということで安心感あると思いますが、シャンプーはしっかりと中身を見る必要があります。

しっかりと成分を解析してシャンプーとしての実力を説明していきます。

スマートスタイルキューティクルシャンプーのデータ・評価



洗浄力:
洗浄力は強すぎます。

低刺激性:
ラウレス系洗浄成分は人によっては刺激により頭皮トラブルに合われます。

しっとり感:
洗浄力が強いのにノンシリコン処方はしっとり感も失い、髪へのダメージも促進します。

ダメージ補修力:
ダメージ補修成分は配合されておりません。

コスパ:
容量480ml
価格:629円(amazon参考価格)

総合評価:
余分な成分はあまり配合されておらずシンプル配合なのは評価できますが、ベースである成分がラウレス硫酸系なので髪への負担はもちろん、頭皮への影響も否めません。
このシャンプーの特徴である寝ぐせを抑えてくれるという価値も成分から見るとほとんど効果ないように思えます。

スマートスタイルキューティクルシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウレス-4カルボン酸、PEG-60水添ヒマシ油、ラウリルヒドロキシスルタイン、クエン酸、ラノリン脂肪酸、コハク酸、PPG-2ヒドロキシプロピルトリモニウムセルロース、PPG-3カプリリルエーテル、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、ラウレス-16、塩化Na、水酸化Na、安息香酸Na、ベンジルアルコール、フェノキシエタノール、香料

もっとも大切!このシャンプーの洗浄成分は?

・ラウレス硫酸アンモニウム
・ラウレス-4カルボン酸
・PEG-60水添ヒマシ油
・ラウリルヒドロキシスルタイン

ラウレス-4カルボン酸、PEG-60水添ヒマシ油、ラウリルヒドロキシスルタインの3種類の洗浄成分に関しては非常に低刺激な成分なのでこれらの成分で頭皮がかぶれたりかゆみが発生するなどのトラブルは起きにくいと思います。

ただ、問題なのは『ラウレス硫酸アンモニウム』です。

成分表を見るとこの成分が一番初めに書かれているのがわかると思います。

一番初めに書かれているということはこの成分が一番多く配合されているということなので、残りの3種類の洗浄成分がいくら低刺激でもメイン成分に刺激があれば当然このシャンプーは高刺激シャンプーになります。

ラウレス硫酸アンモニウムは非常に洗浄力と刺激性が高いです。

高洗浄力であるということは、一見良さそうに感じますが、言い換えると頭皮に必要な脂まで奪ってしまうということです。

高刺激性はその名の通り、頭皮や髪の毛に対して刺激が高いということなので、頭皮が荒れてフケやかゆみの原因になることもありますし、場合によっては薄毛の原因にだってなりえます。

寝ぐせがつきにくいって本当?

このシャンプーは独自の技術で睡眠時の寝ぐせを抑えてくれる働きがあるようです。

その仕組みを簡単に説明すると、要は髪内部への水分の浸透を防ぐことによって寝ぐせを抑えるということです。

皆さんも経験あると思いますが、髪の毛はお風呂上がりなどで濡れたまま寝ると寝ぐせがつきやすいのを感じたことがあると思います。

髪は水に濡れると水素結合が切れるため軟らかくなります。

軟らかくなっている状態で寝返りのたびに髪の毛が乱れ、乱れたまま時間とともに髪の毛が乾くことによりそのまま固まってしまうので寝ぐせができます。

なので、それを防ぐためにそもそも髪内部への水分の浸透をなくせば寝ぐせが付きにくくなります。

これがこのシャンプーの仕組みです。

なので、ある一定の効果はあると思います。

髪内部への水分の浸透をなくすとは・・?

お気づきでしょうか。

髪内部への水分の浸透をなくすということは髪の毛がパサつくということです。

さきほども述べましたが、このシャンプーは洗浄力が非常に高いです。

そのため、ただでさえ髪の毛が乾燥しやすくなるのに、故意に髪内部への水分の浸透を止めてしまっては髪の毛や頭皮が乾燥してしまいます。

必要以上の乾燥はもちろん頭皮や髪の毛に良くありません。

あくまで私の個人的な意見ですが、ただ寝ぐせをしにくくするために、この代償は大きすぎるのではないかと思ってしまいます。

寝ぐせを防ぎたければ、お風呂上がりにしっかりとドライヤーで髪の毛を乾かしたりするなどの対策はあります。

なので、頭皮や髪の毛のためを考えるのであれば、寝ぐせ対策は他で講じた方が良いかもしれません。

ノンシリコン処方には注意!


一般的にはシリコンは悪者扱いされてきました。

ここでは難しい話は割合しますが、シリコンは非常に安定したもので、危険はありません。

それよりも高洗浄力の洗浄力を配合したノンシリコンシャンプーの方が危険です。

シリコンが入っていないシャンプーは髪の毛がきしみやすくなるんですが、高洗浄力の成分を使用したシャンプーはさらにそれが顕著にでます。

このシャンプーではシリコンの代わりにポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52を配合して指通りの向上を図っていますが、この二つの成分は髪の毛が乾燥するとごわつくという特性があります。

シリコンのイメージが悪いばっかりに、メーカーはノンシリコン処方を謳うためにこのような別の成分で補っているのです。

ダメージ補修成分無配合

このシャンプーにはダメージ補修成分は配合されておりません。

なので、カラーリングやパーマなどの髪の毛に化学処理をしている方には本来使用できないシャンプーです。

カラーリングやパーマをしている方は髪表面のキューティクルがはがれている可能性が高いので、低洗浄力でダメージ補修成分がしっかり配合されたシャンプーを使用するのが良いと思います。

まとめ

このシャンプーの処方はよくドラッグストアで売られている安価なシャンプーとほとんど変わりません。

特徴としては、高洗浄力で高刺激性なので、カラーリングやパーマをしている人や敏感肌の方は使用できません。

高洗浄力ということで、ワックスがべっとりついた髪の毛を洗い流すときに使用したりする分には非常に効果的ですが、毎日使用すべきシャンプーではありません。

当サイトでは高品質なシャンプーを紹介していますので、よかったら覗いてみてください。

通販で大人気アミノ酸シャンプー『ハーブガーデン』を全成分から完全解析!

こちらの記事では、最近話題のアミノ酸シャンプーの中で、使い心地がとても良いの評判のハーブガーデンシャンプーを少し違った視点で全成分から解析していきたいと思います。

アミノメイソン モイスト ホイップクリーム シャンプーを成分解析!


発売するやいなや、予約が殺到して購入するまで時間がかかるほど人気を得ているアミノメイソンシャンプー。

特に女性に人気が高いようですが、シャンプーの場合、中身である成分をよくわかっていなくても、『ボトルがおしゃれ』『デザインが可愛い』などの理由でも人気が出る場合があります。

もちろんそれら見た目の選ぶのも良いことですが、あくまでもシャンプーは『化学製品』です。

なので、成分をしっかり把握しないと思わぬ頭皮トラブルに合われてしまうこともあるので、しっかりと中身である成分を把握してほしいと思います。

今回もしっかり全成分表を見ながら、解析していきたいと思います。

ロレアルパリエルセーヴシャンプーを成分解析!口コミは良いが評価は・・・

口コミ評価も評判もとても高い、エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ヘアケアシャンプー。

値段も手ごろなので、久しぶりに良いシャンプーが発売されたのか?

と思い全成分を問い合わせたところ、中身に使用されている成分はお世辞にも良いものとは言えませんでした。

今回も、しっかり全成分表からこのシャンプーの特徴を説明していきたいと思います。

ロレアルパリエルセーヴシャンプーの全成分

水、ラウレス硫酸Na、水添パーム油脂肪酸PEG‐200グリセリル、ココベタイン、グリセリン、ポリソルベート20、塩化Na、香料、ヤシ油脂肪酸PEG‐7グリセリル、カミツレ花エキス、ヤシ油、安息香酸Na、水酸化Na、PEG-60水添ヒマシ油、ポリクオタニウム‐10、サリチル酸、ヒマワリ油、ハス花エキス、アマ花エキス、トリグリセリル、ガーデニアタヒテンシス花エキス、カニナバラ花エキス、ビサボロール、クエン酸、ヘキシレングリコール、ダイズ油

ロレアルパリエルセーヴシャンプーの評価まとめ


洗浄力:
高すぎます。

低刺激性:
刺激が強すぎます。

しっとり感:
おそらくしっとり感は全く感じられません。

ダメージ補修成分:
無配合

コスパ:
容量:440ml
価格:900円(税抜)

総合評価:
全成分表からもすぐわかるように、洗浄成分は非常に刺激の高い安いものを使用しています。
これはドラッグストアで売られている安価なシャンプーと同じクオリティです。
それを高い値段で販売しているような印象です。

大事な洗浄成分はラウレス硫酸Naのみ・・・?

このシャンプーの洗浄成分は、粗悪品として有名なあのラウレス硫酸Naとなっています。

界面活性剤としては水添パーム油脂肪酸PEG‐200グリセリルもココベタインもそうなのですが、この二つは洗浄成分というよりは、保湿やヘアコンディショニング剤のようなもので、シャンプーよりコンディショナーに配合されているような成分です。

なので、シャンプーにとって最も大事な洗浄成分は『ラウレス硫酸Na』のみと言っても過言ではありません。

このラウレス硫酸Naですが、知っている人は知っている低品質成分です。

特徴としては泡立ちがとても良く、すずぎもしやすいほど泡切れも良いので消費者からすると非常に気持ちの良い成分ですが、頭皮や肌へのダメージは最も高い成分の一つです。

また、メーカー側からすれば安くて大量生産向けなので大手メーカーが好んで使用するため、大半の有名シャンプーにはこの成分が使用されています。

シャンプーとはほとんどの人が毎日使用するものなので、できるだけ刺激は抑えたいと思いますが、このシャンプーは良さそうに見えて、中身はドラッグストアで販売されている低価格シャンプーと同じ洗浄成分が使用されています。

数種類の植物エキスの意味とは・・・?

このシャンプーには数種類の植物エキスが配合されています。

おそらくこれらのエキス系をほんの少し配合して、それをうたい文句として価格をつり上げているのだと思いますが、これらのエキスの効果などしれています。

むしろこのシャンプーの場合、ラウレス硫酸Naによって受けたダメージをエキスでわずかに保湿しているような意味合いです。

つまり、このシャンプーは自分でダメージを負わせて自分で治させているイメージです。

ただ、少量のエキス系ではラウレス硫酸Naで受けたダメージのすべてを治すのは到底無理なので、ほぼ無意味と考えていただいて結構です。

ラウレス硫酸Naなのにノンシリコン・・・?

このシャンプーのもう一つの驚くべきところは『ノンシリコン処方』だということです。

アミノ酸系洗浄成分のように低刺激で緩やかに頭皮を洗浄してくれる高品質の洗浄成分を使用している場合ノンシリコン処方でも構いませんが、このシャンプーのようにラウレス硫酸Naのような高刺激で高洗浄力の洗浄成分を使用するときは、シリコンを少しでも配合してあげないと、髪の毛がギシギシになってかなり痛みます。

ではなぜこのシャンプーはシリコンが配合されていないかというと、『ノンシリコン処方』と謳いたかっただけだと思います。

一時期シリコンが悪者扱いされていたので、このような処方にしたのだと思いますが、シリコンは刺激もほとんどありませんし、もちろん毛穴に詰まるなんてこともありえませんのでラウレス硫酸Naを使用するのであれば必須の成分となります。

パッケージデザインも可愛くて良さそうな印象を受けるシャンプーですが、中身は消費者の頭皮のことを全く考えていないシャンプーですので、使用は控えた方がよさそうです。

この値段であれば、十分低刺激のシャンプーを購入することが可能です。

当サイトでも高品質シャンプーを紹介していますので、よろしければ是非ご覧ください。

何か質問等ございましたら、お問合せフォームよりよろしくお願いします。

サンコールR21シャンプ-を開発者が全成分から解析します!

美容院専売品メーカーであるサンコールから発売されている高級アミノ酸シャンプーであるR21シャンプーを全成分からしっかり解析していきたいと思います。

R21シャンプーの全成分表

水・ココイルメチルタウリンNa・ココアンホ酢酸Na・コカミドDEA・ラウロイルメチルアラニンNa・PG・クエン酸・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解コラーゲン・ヘマチン・センブリエキス・ボタンエキス・カンゾウ根エキス・オタネニンジン根エキス・ゲットウ葉エキス・アカヤジオウ根エキス・ウンショウミカン果皮エキス・イチョウ葉エキス・セイヨウハッカ葉エキス・ビワ葉エキス・ハマメリスエキス・セイヨウオトギリソウエキス・クララ根エキス・ヨーロッパシラカバ樹皮エキス・メリッサ葉エキス・ムクロジエキス・イザヨイバラエキス・セージ葉エキス・ハトムギ種子エキス・冬虫夏草エキス・チョウジエキス・メントール・(C12-14)パレス-5・(C12-14)パレス-7・(C12-14)パレス-12・グリセリン・(アミノエチルプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー・ポリクオタニウム-10・BG・エタノール・EDTA-2Na・安息香酸Na

R21シャンプーのデータ・評価


洗浄力:
適度な洗浄力でしっかり洗い上げてくれます。

低刺激性:
PGの配合量が懸念されます。

しっとり感:
シリコン入り処方ですが、しっとりよりさっぱり洗い上げてくれます。

ダメージ補修成分:
2種類の補修成分がしっかり配合されています。

コスパ:
容量:280ml
価格:2100円(税抜)

総合評価:
非常に良いシャンプーです。
刺激も少なく洗浄力も高いバランスの良いシャンプーです。

R21シャンプーの洗浄成分は?

シャンプーの本来の目的は頭皮、髪の毛の洗浄です。

なので、洗浄成分の良し悪しでシャンプーの良し悪しが決まります。

このシャンプーに配合されている洗浄成分は・・・

・ココイルメチルタウリンNa
・ココアンホ酢酸Na
・コカミドDEA
・ラウロイルメチルアラニンNa

の4種類です。

ココイルメチルタウリンNaがメインで配合されており、ココアンホ酢酸NaとラウロイルメチルアラニンNaが補助洗浄成分としてブレンドされています。

まずココイルメチルタウリンは頭皮への刺激をできるだけ抑えながら洗浄力を維持している高価な成分で、ココアンホ酢酸NaとラウロイルメチルアラニンNaも同じく頭皮への刺激を抑えています。

安いシャンプーだと洗浄力が高いものは刺激も高いし、刺激を抑えたものは洗浄力が低くて使い物にならないので、刺激が抑えながら洗浄力が高いこのシャンプーは、それだけですごいことです。

ちなみにこのシャンプーをアミノ酸シャンプーと紹介しているサイトもありますが、このシャンプーはあくまでもアミノ酸系シャンプーであり、しいていうならばタウリンシャンプーといえます。

カラーリングやパーマに向いている

・ヘマチン
・加水分解ケラチン(羊毛)

このシャンプーには2種類のダメージ補修成分が配合されています。

ダメージ補修成分は配合量が大事ですが、このシャンプーは成分表を見ると少なくとも1%以上の補修成分が配合されています!

これは、カラーリングやパーマで傷んだ髪の毛をしっかり補修してくれるレベルの量なので、おすすめです!

逆にカラーやパーマをしていない方にはこれほどの補修成分が入った高いシャンプーは不必要となります。

唯一のマイナスポイント『PG』

プロピレングリコール通称PGがこのシャンプーにはかなりたくさん入っているように思われます。

このPGは溶解剤で、保湿成分としてやシャンプーが冬場などに固まらないように配合されているのですが、この成分実は刺激がかなり高いです。

現在では、この価格帯のシャンプーの場合、PGの代わりに刺激の少ないBGで対応しているものがほとんどなので、このシャンプーも是非PGからBGに変更していただきたいと思います。

そうすればさらに弱点の少ないバランス型シャンプーになります。

21種類の植物エキス配合

このシャンプーのうたい文句の一つに21種類の植物エキス配合というものがありますが、正直最後に洗い流すシャンプーに何種類のエキスを入れようがお湯で流れてしまいますのでほとんど意味はありません。

それはこのシャンプーに限った話ではありませんが、シャンプーを選ぶ消費者の基準を見ていると、植物エキスがたくさん配合されたおしゃれなシャンプーを選ぶ傾向にあるのでその点は注意が必要です。

シャンプーで大切なのは植物エキスではなく、あくまでも洗浄成分です。

まとめ

このシャンプーは特徴はあまりないですが、バランスの良い万人向けシャンプーとなっています。

香料が配合されていないので好き嫌いはあるかと思いますが、敏感肌の方にもカラーやパーマなどの化学処理をしている方にもおすすめできるシャンプーになっています。

ただ、シャンプーというのは化学製品なので、一人より合う合わないがあります。

こんなに良いシャンプーでも口コミを見てみると、パサつくといった意見まであります。

そうゆう意味でも返金保証制度のないこちらのシャンプーはやはり購入するのにハードルが高いかなと思います。

通販メインで販売されているシャンプーには返金保証制度があるものがほとんどなので、まずはそのようなシャンプーをいろいろ試して、自分に合う成分を見つけていくのが得策だと思います。

エコロヴィスタシャンプーは髪や肌に優しいの?成分から徹底解析

このシャンプーのコンセプトイメージをご覧になると、なんとなくわかると思いますが、自然派の方を対象にした髪の毛やお肌に低刺激で優しいシャンプーを目指しています。

また、環境にも配慮されているということで購入を決める方もいるようですが、実際私たちの髪の毛やお肌にとって本当に良いシャンプーなのかを全成分からしっかり解析していきたいと思います。

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプーの成分解析!本当に美髪になる?


富士フィルムから通信販売されているアスタリフト美髪トライアルキット

髪の毛のハリコシ、ボリュームアップに特化したシャンプーということですが、本当にこのシャンプーでそのような髪質になれるのでしょうか。

今回も、しっかりと全成分から見極めて解析していきたいと思います。

アスタリフトシャンプーの全成分表

水、ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンNa、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ラウリルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、BG、グリセリン、トコフェロール、セラミド2、コレステロール、グリチルレチン酸、水溶性コラーゲン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸Na、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、塩化Na、コカミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PEG-60水添ヒマシ油、ラウロイルサルコシンイソプロピル、オレイルアルコール、デシルテトラデカノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ダマスクバラ花油、クエン酸Na、クエン酸、香料、安息香酸Na、メチルパラベン

アスタリフトシャンプーのデータ・評価


洗浄力:
メインの洗浄成分はアミノ酸系となっているので、穏やかに刺激を減らして洗い上げることができます。

低刺激性:
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中では最も刺激が強い洗浄成分なので、マイナス1点とします。

しっとり感:
ノンシリコン処方なので、少しきしみそうです。

ダメージ補修成分:
保湿成分が多数配合されておりますが、中から補修できるような成分は無配合です。
コンディショナーで完全補修するタイプです。

コスパ:
容量:360ml
価格:4320円(税込)

総合評価:
シャンプーにおける最も重要な部分である洗浄成分の品質は高いです。
しかし、補修成分が無配合なので、ひどいダメージ毛には対応できない可能性もあります。

シャンプーの要!主力洗浄成分の品質は?

・ココイルアラニンTEA
・ココイルサルコシンNa
・PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

主な洗浄成分はこの3種類です。

まず、一つ目のココイルアラニンTEAはあの有名なアミノ酸系界面活性剤というもので、低刺激でありながら頭皮をしっかり洗浄してくれる優れものです。

二つ目のココイルサルコシンNaですが、これもあの低刺激で有名なアミノ酸系洗浄成分ですが、実はアミノ酸系の中では一番刺激が強いと言われている成分です。

おそらくココイルアラニンTEAとほぼ1対1の割合で配合されているので、人によっては若干刺激を感じる方もいるかもしれません。

(ドラッグストアで売られているような市販の安価シャンプーと比べるともちろん低刺激)

三つ目の成分は『コカミドMEA』と思ってもらえれば良いです。

界面活性剤ですが、洗浄成分というよりは発泡剤として使用されており、刺激はほとんどありません。

ハリ・コシ、ボリュームアップ成分はどれ?


このシャンプーの全成分を見ると、ハリコシやボリュームアップに関わる成分は見当たりません。

しかし、公式販売サイトを見てみると、確かにハリコシやボリュームアップのことが書かれていますので、嘘か・・・と思っていたのですが、少し勘違いしていました。

シャンプーにはダメージ補修成分もハリコシやボリュームアップ成分も何も配合されておりませんが、コンディショナーの方にしっかり配合されていました!

なので、このシャンプーを使用する場合は、コンディショナーもセットで考えた方が絶対に良いと思います。

美髪トライアルキットがおすすめ!


どんな良いシャンプーも人により合う合わないがあるので、いくら私が全成分からシャンプーを解析できても強くおすすめできないのが現状です。

なので、私は成分が良い上に返金保証システムがあるシャンプーを中心に紹介していますが、このシャンプーにはトライアルキットというお試しセットがあります!

これはシャンプーとコンディショナーのセットに加えて薬用育毛剤も追加されているセットです。

送料無料で1200円から試せるので、非常におすすめですので、よかったら試してみてください!

美髪トライアルキットはこちら⇒アスタリフト美髪トライアルキット1200円+税

まとめ

このシャンプーは今最も品質が高いと言われている本格的なアミノ酸シャンプーの一つです。

それなりの価格はしますが、カラーリングやパーマなどの化学処理で傷んだ髪にも十分対応できる内容となっています。

成分を見るに、低刺激でとても高品質なシャンプーですが、刺激を感じる成分は人それぞれですし、どんなに良いシャンプーでも人によってはパサついたりしてしまいます。

なので、いきなり製品を購入せずに、まずは美髪トライアルキットがおすすめです。

お試し品を使用してみて、自分の髪質や頭皮に合うと思ったら本格的に使用していけば良いと思います。

▼公式販売ページはこちら▼


1 2 3 7
オススメ高品質シャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

肩書:美容院専売品メーカーで研究開発。ヘアケアを担当&二児のママ

出身地:愛知

年齢:29歳

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいシャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
人気記事
最近の投稿
カテゴリー