美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 各シャンプーの解析・評価 » 当サイト低評価シャンプー » 

CLEAR(クリア)シャンプーを美容院シャンプー開発者が解析した評価

maxresdefault-1
一時期女優の山田優さんが使用しているという情報が流れたことで話題となったクリアシャンプーですが、このシャンプー本当に良いシャンプーでしょうか?

ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、価格帯も比較的低価格なこのシャンプーの中身をしっかりと見ていきたいと思います。

今回は濃厚ノンシリコンシャンプーに焦点をあてて解析していきますが、クリアシャンプーのようにたくさんラインナップしている商品は、シリーズものであればほとんど中身は同じなので、クリアシャンプーはどれもこの解析結果が当てはまります。

(何か質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください)

それでは解析していきます。

資生堂マシェリエアフィールシャンプーの解析評価を公開

og_image
大手化粧品メーカーである資生堂から販売されているマシェリシャンプーシリーズ。

二種類のラインナップがありますが、なめらか、うるツヤ髪を実現するというエアフィールの解析をしていきたいと思います。

凛恋シャンプー(ユズ&ジンジャー)成分解析の結果は?口コミはあてにならないって本当?

00132

通販で大人気である凛恋シャンプーの成分を解析してみました。

もちろん機械を使用して完璧に解析したわけでなく、全成分表を見て髪にとって良い成分が入っているかどうかを一つずつ見ていくだけの解析方法なので、完璧なものではありません。

しかし、全成分を見ればだいたいどのようなシャンプーであるかはわかるので、消費者の参考にはなると思います。

このシャンプーを検討されている方は、是非この解析を参考にして自分に合うシャンプーかどうかを判断していただければと思います。

カウブランド無添加シャンプーを解析!口コミ評価でなく成分で選ぼう!

image
ホームページを見てもわかるように、とにかく低刺激にこだわって作られているような印象を受けるシャンプーです。

シャンプーの名前にも『無添加』という言葉が使われていますし、なんだか頭皮に良さそうですよね!

では、そんないかにも頭皮に優しそうなこのシャンプーは本当に高品質な低刺激シャンプーなのかを解析していきたいと思います。

エスコスオレンジシャンプー!プロの成分解析の評価を公開

00gamen

通販で人気のシャンプーの一つであるオレンジシャンプー。

公式ホームページを見てみるとオレンジの力で毛穴の汚れをしっかりと落としてくれて、洗いながら髪と地肌をケアしてくれるシャンプーのようですね。

また、コンセプトとしては細毛の方におすすめのボリュームアップシャンプーということですが、本当に良いシャンプーなのでしょうか?

    • シャンプーの善し悪しを決める大事な界面活性剤に何を使用しているのか。
    • 頭皮に刺激性が懸念される成分がないか
    • ボリュームアップ成分は本当にしっかり配合されているのか

主にこの三点を重点的に解析して評価していきたいと思います。

オレンジシャンプーのデータ

オレンジシャンプー全成分

水、コカミドDEA、グリセリン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、BG、ジラウレス-10リン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、オレンジ油、リモネン、ウンシュウミカン果皮エキス、ヒバマタエキス、ホホバ油、ゴマ油、パンテノール、オランダカラシエキス、ローズマリー葉エキス、イチョウ葉エキス、オタネニンジン根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、カンゾウ根エキス、アロエフェロックス葉エキス、セージ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ラベンダー花エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタエキス、オドリコソウ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ニンニクエキス、トコフェロール、エタノール、フェニルトリメチコン、ポリクオタニウム-10、ステアラミドエチルジエチルアミン、フェノキシエタノール、ツバキ油、サザンカ油、コメヌカ油、ダイズ油、グリチルリチン酸2K、スクワラン、クエン酸

このシャンプーに使用されている界面活性剤は?

・コカミドDEA
・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウリミノジプロピオン酸Na

このシャンプーのメイン洗浄成分は非常に特徴的です。

まず、本来なら発泡剤として基本的には補助的な洗浄成分として配合されるコカミドDEAがこのシャンプーではメイン洗浄成分となっています。

そんなコカミドDEAが主成分となっているので、泡だちは申し分ありませんし、この成分は非イオン系界面活性剤なので特に目立った刺激もありません。

しかし、次のオレフィンスルホン酸Naですが、この成分は低品質と言わざるを得ない『高洗浄力・高刺激』の洗浄成分です。

市販のシャンプーに多い『ラウレス硫酸Na』の代わりとして最近では市販のシャンプーに処方され始めた成分ですが、この成分もラウレス硫酸Naと変わらないくらい低品質の成分です。

しかし、メイン配合にはなっていないので市販のシャンプーと比較すると刺激は少々抑えめというところですが、低品質にはかわりないので注意が必要です。

このシャンプーはホームページにアミノ酸シャンプーと書かれていますが、3つ目の成分にしてやっとアミノ酸系成分のココイルグルタミン酸TEAが出てきました。

この成分は、とても高品質です。

しかし、成分表の4つ目の成分なので、これだけの配合ではとてもアミノ酸シャンプーとは言えません。

そのあたりで価格を落としているのだと思います。

そして最後のラウリミノジプロピオン酸Naは両性界面活性剤で、このシャンプーの洗浄成分をマイルドにしてくれる役割をもちますがオレフィンスルホン酸の刺激性はそれでもまだまだ高いので、多少の刺激は否めません。

精油や油脂類の刺激性に注意

まず、精油の前にたくさんの植物エキスが配合されていますが、これらの配合量はおそらくほんの数滴レベルの話になってきますので、ほとんど無意味な成分です。

もちろん配合量が少ないので刺激性もほぼないということなので、解析には全く影響を及ぼしません。

それよりも気になるのが精油などの油脂類の配合です。

オレンジ油やゴマ油、サザンカ油などたくさんの油脂類が配合されていますが、これらは酸化耐性が低いので、シャンプーして時間がたつと臭いが出やすいですし、紫外線を浴びすぎるとこれらの油が焼けてしまうので注意が必要です。

植物エキスならまだしも、若干の刺激性が認められている『精油』をやたら配合する姿勢は減点対象ですね。

洗浄成分は市販のシャンプーより少し良くして、後はイメージが良い植物エキスやエッセンシャルオイル(精油)を配合しただけの低品質シャンプーと言わざるを得ません。

洗い上がりの仕上りが良いと感じるのは、パンテノールやステアラミドエチルジエチルアミンが、若干のトリートメント効果を発揮するためです。

しかし、この二つの成分はダメージ補修成分ではないため、コンディショニング効果もはじめだけです。

このように多少仕上がりをごまかしていますが、実際のところ市販の低品質シャンプーとそれほど変わりませんので注意してください。

また、このシャンプーはボリュームアップシャンプーということでしたが、全成分表を見てみてもボリュームアップにつながりそうな成分は一切見当たりませんので、ボリュームが欲しい方には不向きのシャンプーです。

パンテーンシャンプーの洗浄力は危険?成分を解析して徹底評価!

o0800041112036100866

今回は、市販のシャンプーの中でも依頼が多かったパンテーンシャンプーの解析をしたいと思います。

パンテーンシャンプーにも様々なシリーズのものがありますが、毎回言っているようにシリーズものはほとんど中身が同じです。

その中でも特に要望の多かったダメージに特化しているパンテーンエクストラダメージケアシャンプーを見ていきたいと思います。

TSUBAKIシャンプーの成分を解析!化学者が品質を評価します


もうこのシャンプーは知らない方はいないのではないかと思えるほどの有名シャンプーですね。

大手化粧品メーカーの資生堂さんから販売されているシャンプーですが、CMではきれいな女優さんをたくさん出演させていますし、商品イメージは完璧に近いレベルだと思います。

しかし、中身である成分はどうなのでしょうか?

今回も、しっかり成分からTSUBAKIシャンプーを解析していきたいと思います。

ラックスシャンプーを成分から徹底解析!開発者から見ると評価はこうなる!

original

世界最大級の消費財メーカーであるユニリーバから発売されているラックスシャンプーを成分から徹底解析していきます。

ラックスシャンプーには種類がたくさんありますが、基本的にはどれも同じ成分構成ですので、どのラックスを使用していようともこの解析を参考にしてください。

良いシャンプーの条件は、洗浄成分にありますが、ラックスシャンプーはどうなのでしょうか?

CMを見ていると、とても良さそうなシャンプーに見えますが、実際のどうかを早速解析していきたいと思います。

守り髪シャンプーの口コミは信憑性なし!成分を解析し、しっかり評価します!

image

カラーリングやパーマ、それから紫外線などから髪を守り、補修までしてくれるシャンプーということで女性に大人気の守り髪シャンプー。

口コミの評価もとても高く、公式ホームページの内容を見ても完璧と思えるようなシャンプーですが、本当に良い製品なのでしょうか?本当に頭皮や髪の毛に優しい成分が配合されているのでしょうか?

そのシャンプーの善し悪しを決めるのは、ラベルの裏に書かれている全成分のみです!

いくら良いことが書かれていても、公式ホームページの謳い文句や口コミの評価をすべて鵜呑みにしてはいけないのです。

今回は、守り髪シャンプーを全成分からしっかり解析して評価したいと思います。

おすすめシャンプーは『ハーブガーデン』
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、そこで得た知識を活かして『シャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。
人気記事
最近の投稿
カテゴリー