美容院アミノ酸シャンプー開発者によるシャンプーの徹底比較-あみのサロン » 未分類 » 

『サロンスタイルシャンプー エアインスムース』を成分解析から評価


今回は、コーセーから発売されている『サロンスタイルシャンプー エアインスムース』を成分からしっかりと解析していきたいと思います。

サロンスタイルシャンプー エアインスムースの全成分表

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、カミツレ花エキス、サフラワー油、セイヨウハッカ葉エキス、ホホバ種子油、BG、EDTA-2Na、PG、PPG-2コカミド、オリーブ脂肪酸エチル、クエン酸、グリセリン、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、メントール、ラウリルベタイン、塩化Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

サロンスタイルシャンプー エアインスムースのデータ・評価


洗浄力:
低刺激性:
しっとり感:
ダメージ補修力:
コスパ:
総合評価:

それでは、詳しく見ていきたいと思います。

高すぎる洗浄力が頭皮トラブルの原因に

・ラウレス硫酸Na
・コカミドプロピルベタイン

このシャンプーの洗浄成分は上記の2種類です。

ラウレス硫酸Naは、もう有名なのでご存知の方も多いですが、洗浄力が強いので頭皮にダメージを与えてしまいます。

そんなラウレス硫酸Naの刺激性を緩和させる目的でコカミドプロピルベタインは配合されていますが、それでもラウレス硫酸Naの刺激性は高いままです。

洗浄力が高いということは、頭皮の脂を取り除く力が強いということなので、頭皮の乾燥を招いてしまいます。

頭皮が乾燥しすぎると、フケやかゆみ、それからパサつきなどの症状が続きやすくなるため、注意が必要です。

また最近ではタンパク質を変性させてしまう作用も認められています。

シャンプーに配合される濃度ではそれほど心配無用ですが、最近では市販の安いシャンプーでもラウレス硫酸Naを配合するのを控えるメーカーが増えてきているので、わざわざ『ラウレス硫酸Na』がメインで配合されたシャンプーを使用するメリットはあまりないように思います。

ワックスなどの整髪料を落とすのに効果的

先ほど、ラウレス硫酸Naの刺激性について触れましたが、使用を控えた方が良いのはあくまでもメインシャンプーとして使用するのはやめた方が良いということです。

ラウレス硫酸Naには圧倒的な長所に洗浄力の強さがあるので、例えばワックスをたくさん使った日だけこのシャンプーを使用するなど、使用方法によっては効率的に使えると思います。

最近では、洗浄力を維持したまま刺激性だけを落としている『アミノ酸シャンプー』などの高価なシャンプーも発売されていますが、価格が気になる方は、刺激性と洗浄力を落としたシャンプーと、このシャンプーのような刺激性と洗浄力が高いシャンプーを併用するといいと思います。

精油が髪や頭皮を保湿してくれる?

このシャンプーには意外と高価な精油が配合されています。

「アルガンオイル」「オリーブオイル」「サフラワー油」「ホホバ種子油」の4種類です。

これらの成分は名前の通り『オイル』なので、髪の毛をしっとりさせたり保湿する役割がありますが、これらが効果を発揮するのは洗い流さない製品に配合されていた場合です。

特にシャンプーは頭皮についた脂を除去する洗浄目的の製品です。

そのような製品に保湿成分を配合してもあまり効果は得られないので、しっかり効果を得たいのであればヘアオイルなどで保湿すると良いと思います。

まとめ

このシャンプーは洗浄力と刺激性がかなり高いので、毎日使用するメインシャンプーとしては使用しないほうがいいと思います。

しかし、ワックスを使用した日などの限定した日に使用する分には高い効果を発揮してくれると思います。

30代40代必見!すぐシャンプーでできる頭皮と髪のエイジングケア!

エイジングによる髪の毛と頭皮の悩みに関する記事をまとめました。

大きく分けると私たちが気にしているエイジングによる髪や頭皮の悩みは3変化あります。

①『髪の太さと強度の変化』
②『質感の変化』
③『髪色の変化』

この①~③までの変化が、主に年齢を重ねる(エイジング)による変化で、特に女性の方に多く悩みが表れる事柄になります。

では、それぞれ①~③までの原因と対策を見ていきたいと思います。

①髪の太さと強度の変化

悩み→『髪が細くなった』『ハリコシがなくなった』『うねりが出る』『抜け毛が気になる』

髪の太さと強度の変化により、主に上記の4つの髪に対する悩みが起こります。

では、髪の太さと強度が変化する原因について紹介します。

原因_1『毛包周辺の毛細血管の減少によるもの』

若いときは、毛包に数本の毛細血管が絡みつき必要な栄養素を供給することができますが、年齢がかさむと、この毛細血管の数が減っていきます。

そうなると毛髪の中には十分な栄養素を受け取ることができなくなるので、毛髪の一番外側を覆うキューティクルの枚数が減ったり、コルテックス細胞の中に隙間ができたりします。

これにより、髪の毛はどんどん細くなっていき、毛髪の強度が低下し、ハリコシがなくなったりダメージに対して弱くなったりして抜け毛につながっていきます。

原因_2『頭皮のたるみ』

この世界には重力というものがあります。
年齢を重ねていくうちにヒトの皮膚というものはだんだん重力に逆らえなくなり、全体として下に落ちていく傾向にあります。

これがよく悩みの一つに挙げられる『皮膚のたるみ』です。

皮膚がたるむと血行が悪くなります。

血行が悪くなると毛穴が変形してしまうので、そこから生えてくる毛髪はうねるようになります。

もちろんくせ毛に関しては遺伝や生まれつきもありますが、年齢を重ねていくうちに髪の毛がうねりだした方の主な原因は簡単に言うと『重力に逆らえなくなったから』ということになります。

②質感の変化

悩み→『髪のツヤがなくなった』『髪のパサつき』

この2つの悩みについて原因を見ていきたいと思います。

原因『CMCの減少』

CMCという言葉を聞いたことあると思いますが、これはキューティクルやコルテックスにも存在するもので、ツヤ感に密接に関係しているのはキューティクル間にあるCMCの減少です。

ここのCMCが減少すると毛髪の表面の油分がなくなってしまうので、パサついた髪の毛に見えてしまうのです。

また、このCMCが減少するとカラーリングやパーマ剤などの薬剤が髪の内部に浸透しやすくなるので、髪や頭皮がダメージを受けやすくなります。

美容師の方に、髪のダメージがあった方がパーマがかかりやすいなどと言われたことがある方もいるかもしれませんが、それは薬剤が浸透しやすいという意味で、決してパーマやカラーリングがかかりやすいということではありません。

かかりやすさということであれば、健康な毛髪ほどかかりやすいです。

③髪色の変化

悩み→『白髪が増えた』

原因_『加齢』『ストレス』『紫外線』

白髪になる直接的な原因は、『メラノサイトの機能不全』です。

メラノサイトとは、髪を黒くするメラニン色素を作る組織なので、そこが機能しなくなると当然白髪になってしまいます。

このメラノサイトの機能不全は、加齢や遺伝などの対策不可能なものもありますが、ストレスや不規則な生活習慣、それから紫外線によるものなど、対策を講じることができるものまで幅広くあります。

エイジングケア対策

毛髪や頭皮のエイジングに対する原因がわかったところで、対策を見ていきたいと思います。

低刺激シャンプーで優しく洗い上げる

皆さんは洗顔するとき、ごしごしこすりますか?

なぜか洗顔の時は泡でこすらずに優しく洗うのに、髪の毛や頭皮ということになるとゴシゴシ洗ってしまう方が目立ちます。

頭皮や髪の毛に対して低刺激なシャンプーで、優しく洗い上げるのがポイントです。

①ぬるめのお湯を頭皮に直角にあてて、約1分間ほど洗う。

②手でシャンプーを泡立てて、指のお腹でやさしく頭皮になじませる。

③よくなじませたら、①と同じやり方で約3分間洗い流す。

紫外線対策に『日傘を』

最も有効な紫外線対策は日傘です。

最近では、晴れた真夏の日中は、日傘を使用する方が増えましたが、紫外線は曇りの日や夏以外でも年中放射されていますので、徹底的に紫外線を防ぎたいのであれば、年中常備することをおすすめします。

まとめ

髪の毛や頭皮は、加齢により年々トラブルが増えていきます。

そんなエイジングから大切な髪の毛を守るためには、紫外線対策と低刺激シャンプーへの変更が最も大切です。

アンドハニーシャンプーをプロが成分から徹底解析して評価!


ハチミツやオーガニックオイルなどの保湿成分をふんだんに使用したことで話題のアンドハニーディープモイストシャンプーを成分から徹底的に解析して評価していきたいと思います。

&honeyディープモイストシャンプーの全成分表

水、ラウラミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、コカミド DEA、シア脂グリセレス-8Iステルズ、ココイルグルタミン酸 TEA、ハチミツ、ハチミツエキス、加水分解ハチミツタンパク、グルコノバクターチミツ発酵液、アルガニアスピノサ核油、ローヤルゼリーエキス、プロポリスエキス、ケラチン(羊毛)、アルギニン、 パンテノール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解シルク、ヤシ油アルキルグルコシド、アラビアゴム、オラン ダシャクヤク花エキス、ミリスチルベタイン、ポリクオタニウム10、ポリクオタニウム-47、カラメル、クエン酸、ソルビン酸K、安息香酸Na、BG、EDTA-2Na、PPG-7、メントール、フェノキシアタノール、香料

&honeyディープモイストシャンプーの評価


洗浄力:
洗浄力はうまく調整されています。

低刺激性:
洗浄成分の刺激性が高めです。

しっとり感:
ノンシリコンながら保湿成分がとても多い。

ダメージ補修力:
少量ですが、一応配合されています(ケラチン羊毛)

コスパ:
容量:440ml
価格:1,400円(税抜)

総合評価:
基本的な成分の構成は、市販で売られている安価なシャンプーと大差ありません。

確かに、保湿成分はふんだんに使用されていますが、それほど高価な成分は配合されていないので、保湿成分だけでここまで価格が上がるのは了承得難いです。

安価な市販品と比べると若干保湿性に優れているというぐらいです。

白髪染めの色落ちを抑えて長持ちさせるにはシャンプーがカギ!


白髪染めに限ったことではありませんが、せっかく高いお金を払って白髪を染めたのに、すぐに色落ちしてしまいショックを受けた経験はありませんか?

これは白髪染めをしたことある方ならおそらく誰もが経験していることだと思います。

つまり、大多数の方が白髪染めをしている髪に好ましくないヘアケアをしているということです。

難しいことは何もないので、ぜひこの記事を読んでいただき、白髪染めの長持ちを実感してほしいと思います。

白髪が染まるカラー剤のメカニズム


『出典:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q24.html』

まず、白髪の色落ちを考える前にどうやって髪の毛は染まるのかを理解してほしいと思います。

そのメカニズムは化学の知識がいるので難しいですが、簡単にさくっと説明していきたいと思います。

①白髪染めの液(アルカリ性)を髪の毛に添付すると、髪の毛の一番外側にある『キューティクル』という部分が開きます。(キューティクルはアルカリ性で開き酸性で閉じる)

②キューテクルが開くと、白髪染め液が髪の内部に浸透していき、髪の内部に色が入ることで、白髪が染まります。

簡単に説明するとこのような流れで、白髪は染まります。

では、なぜ色が抜けてしまうのでしょうか?

それは、白髪染めをしたことで微妙にキューティクルが開いてしまったり、キューティクルが荒れたりしてしまい、内部に色を留めれなくなってしまうからです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

白髪染めの色落ちを防ぐにはシャンプーを考えよう!


実は、私たちが毎日使用しているシャンプーが原因である場合がほとんどです。

例えば市販の安いシャンプーはかなり洗浄力が強いです。

なので、白髪染めをして荒れて閉じきっていないキューティクルの髪の毛にそんなシャンプーを使用すれば当然髪の毛はもっとダメージを受けます。

そうすると当然、中に入れたはずの染料が外で出てしまいます。

他には、自然派を好む石鹸愛好家の方は、石鹸シャンプーなるものを使用していると思いますが、石鹸シャンプーはアルカリ性なので、先ほど説明したようにキューティクルをさらに開かせることになるので、逆効果です。

アミノ酸系弱酸性シャンプーがおすすめ!

では、どんなシャンプーが一番おすすめなのかというと、洗浄力をぎりぎりまで抑えて髪の毛や頭皮への刺激を限りなく0に近づけた弱酸性のアミノ酸シャンプーということになります。

さらにいうと、ダメージ補修成分が配合されたものであるとなお良いです!

そのようなシャンプーを使用すると荒れたキューティクルもダメージ補修成分で治せますし、毎日のシャンプーでアルカリ性により開いたキューティクルが弱酸性のシャンプーの力で閉じていきますので、中の染料が流れ出る心配もありません。

白髪染めの長持ちは簡単な話で、ふたを開けて中に染料を入れたら、毎日のシャンプーでゆっくりゆっくり閉じていきましょうね。

というだけの話です。

①弱酸性シャンプーで開いてしまったキューティクルを毎日毎日少しずつ閉じる。

②ダメージ補修成分で、荒れたキューティクルを滑らかにして閉じやすくする。

まとめるとこれだけです。

確かに、ダメージ補修成分の配合された弱酸性アミノ酸シャンプーは高価で中々手が出しにくいですが、白髪染めの効果が長持ちすると考えたら、決して高すぎることもないと思います。

また、通販で購入可能なシャンプーは、ほとんどのものに返金保証システムが設けられていますので、少しでも髪に合わないと思えば返金してもらえますので、気軽にお試しできるのが利点です。

シャンプー以外で注意すべき点は?


シャンプーを変更するだけでかなり改善できますが、それ以外にも3つ簡単で効果的な方法がありますので、紹介します!

熱湯で髪の毛を濡らさない

特に冬場に多いですが、寒いからといって暑めのお湯で髪の毛を洗ってしまうと髪の毛を痛めてしまう原因となります。

個人差はありますが、38℃~40℃ぐらいのぬるま湯でシャンプーをするように心がけてください。

タオルドライに注意する

シャンプー後に髪の毛を乾かすときに、思いっきりタオルでごしごし乾かす方がおられますが、これはカラーリングをしている人には適していません。

もちろんドライヤーの前にタオルで乾かすのは良いですが、あまりごしごしせずに、弱い力で少しずつ乾かすようにしてください。

ドライヤーの熱ではなく、風量で乾かす

皆さんは自宅の一般的なドライヤーと美容院のドライヤーの違いを知っていますか?

一番大きい違いは風量と熱さです。

一般的なドライヤーは風量が弱い代わりに熱いです。

一方で美容院のドライヤーは熱くないかわりに風がかなり強いです。

髪の毛は熱に弱いので、家のドライヤーが風量が弱く風が熱いものであれば、髪の毛から離して髪の毛を熱しすぎないように乾かしてください。

また、髪の毛を濡れたままで放置するのも髪の毛には良くないので、必ずお風呂あがりなどはすぐに乾かすようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

白髪染めの長持ちの方法はシャンプーの変更など、簡単なものばかりですので、ぜひ当サイトをシャンプー選びの参考にしてほしいと思います。

何か、質問等ありましたら、お問合せフォームよりよろしくお願いいたします。

オススメのシャンプーは『ハーブガーデン』!
人気記事
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

肩書:美容院専売品メーカーで研究開発。ヘアケアを担当&二児のママ

出身地:愛知

年齢:31歳

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいシャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
最近の投稿
カテゴリー