ホーム » 未分類 » 化粧品って何でできている?品質安定性は何年もつの?

化粧品って何でできている?品質安定性は何年もつの?


私たちが毎日使用している化粧品ですが、本来化粧品とはどのようなものなのでしょうか?

今は、化粧品、医薬部外品、医薬品など様々なものが世の中にありますが、その効果をはき違えている方がたくさんいます。

今回は、しっかり『化粧品は何か』についてお話していきたいと思います。

化粧品の定義

本来化粧品とは、薬事法の言葉を用いれば『人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布、その他これに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なものをいう』とあります。

難しい言い方をしていますが、化粧品とはあま特別な効果はないが、副作用もないものとお考えください。

よく、化粧品の広告で、『髪が生える』とか『髪の奥に浸透して』などの表現がされますが、この広告の仕方も本来望ましいものではありません。

化粧品に髪を生やすことはできませんし、髪の奥に浸透することもできません。

その代わり、副作用も許されません。

化粧品の品質!何年もつの?

化粧品は使用中に劣化しては絶対にいけません。

ただ、ご自身の化粧品を見て、使用期限を確認した経験をもつ方も少なくないと思いますが、基本的に化粧品に使用期限が書かれていないことが大半だと思います。

そこで、化粧品は何年もつか?という話ですが、使用期限が書かれていない場合、最低『3年』というのが一般的です。

化粧品は製造後3年以上もつものに関しては使用期限を記載する必要がないというルールがあるので、使用期限が書かれていないものは、製造後3年以上もつものとお考え下さい。

ただし、注意が必要なのはもちろん購入から3年ではなく、製造から3年です。

製造した年月日も書かれていないことが多いので、実際いつ製造から3年を迎えるかはわかりません。

今では、化粧品の販売ルートも増え、ネットでも購入が可能な時代です。

直営店や代理店などの正規ルートが買えばよいのですが、ネットなどで購入するときは、定価に比べて安すぎる製品は避けた方がよいかもしれません。

今は、メーカーが許可を出していない製品でもネット販売しているのがほとんどです。

なので、ネットで購入を考えている場合、しっかりメーカーに確認してからの方が良いと思います。

品質の安全性の検査方法は?

化粧品の品質の劣化には、変色や変臭などの『化学的要因』沈殿や固化などの『物理的要因』があります。

実際に、使う人が使い終わるまでを保証するため、また実際の使用場面などを考慮していろんな安定性試験をしています。

①保存試験

その化粧品が暑さや寒さなど様々な気温で対応できるかの『温度安定性』を検証します。

ここでは高温と低温だけでなく、日中や日没後など日間の温度変化も想定した試験や、湿度も考慮した試験も行い、どんな条件下でもクリアーできる製品作りに役立てます。

②光安定性試験

日光やショーウインドーなどの光による品質劣化を調べる試験です。

この試験を通過するために必要なのは、製品である中身というよりは、重要なのは製品を入れる『容器』です。

透明であっても紫外線を通過させない容器やなどを選定するときに試験します。

その他にも、化粧品の品質検査には様々な方法でデータを検証しています。

そうやって厳しい検査をクリアーできた製品だけが世の中に出回ります。

しかし、いくら厳しい検査をしているメーカーでも、自身の製品とはいえ、ネットで出回っている製品まで品質を管理できませんので、インターネットで購入する際は、公式販売ページなどの信頼できるサイトからの購入をおすすめします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
オススメのシャンプーは『ハーブガーデン』!
人気記事
最近の記事
運営者情報

サイト管理人のゆうです。

肩書:美容院専売品メーカーで研究開発。ヘアケアを担当&二児のママ

出身地:愛知

年齢:31歳

現在は、美容院専売品メーカーで『研究開発』をしているので、その知識を活かして『正しいシャンプー選びサイト』を立ち上げました。

市販のシャンプーもそれほど悪くはないのですが、カラーリングやパーマが流行している今、市販のシャンプーでは正しいヘアケアができないのが現状です。

インターネット上では間違ったシャンプー関連サイトがたくさんあるので、美容院シャンプーを開発している知識を活かして正しいヘアケアの情報を発信していきたいと思います。

サイトをご覧になって疑問点があればお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム
カテゴリー